私が実際に利用した事務系に強い派遣会社のおすすめランキングTOP5

今回は、私hisuiが実際に登録済みで仕事探しの際に利用したことのある大手派遣会社の「事務系に強い派遣会社のおすすめランキングTOP5」を紹介していきたいと思う。

このブログに初めてきた人のために説明しておくと、この記事を書いている私hisuiは英文事務や翻訳、特許事務などの専門事務職の仕事などをしてきて大体時給1800円から2000円くらいで働いていた事務系派遣社員だった人である(現在は個人事業主としてweb関係の仕事をしている)。

そんな私が独断で選ぶ「事務系に強い派遣会社のおすすめランキングTOP5」を紹介する。

目次

1位 リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは特に首都圏の事務系の職種に強い派遣会社。

事務未経験から始められる仕事から、専門的なスキルや知識を必要とする専門事務職の仕事まで幅広く求人があるので、社会人経験が浅い人からスキルが高くて経験が豊富な人まで、いろんな人におすすめできる派遣会社。

仕事へのエントリーから就業決定までのスピードが速いのも特徴。

ワードやエクセルのオフィス系ソフトの基本操作やMOS試験対策の勉強が自分のパソコンやリクルートスタッフィングの拠点で無料でできたり、東京と大阪でTOEIC IPが年に10回くらい受けられたりして、スキルアップ支援制度も充実している。

リクルートスタッフィングのやってみたいと思える仕事がある度 ★★★★★

あくまで個人的な意見だが、リクルートスタッフィングの求人は「やってみたい!」と思える魅力的な仕事が多い。

未経験から新しい職種にチャレンジできたり、今までのスキルや経験を活かして今までより高時給で働ける求人が多い。

ネット上に一般公開されていない非公開求人もあるので、登録すると更に魅力的な求人を見つけることができる。

リクルートスタッフィングの求人検索はこちら

リクルートスタッフィングの求人検索のしやすさ ★★★★☆

リクルートスタッフィング登録スタッフ専用のマイページでの求人検索がかなりしやすい

あらかじめ希望条件や経験職種やスキル・資格などを設定しておくと、自分の希望条件やスキルにあった求人だけが自動的に表示される。

その中で気になった求人に「気になる」ボタンを押しておくとマイページ上に「気になる」リストとして保存されるので、それらの求人を見比べてから最終的にエントリーする求人を決めることができる。

あと、リクルートスタッフィングの良いところは、数日中に出てきた求人情報については「本日掲載」や「〇月〇日掲載」と書いてあるところや、「他の人で話が進んでいる仕事は除く」というフィルタがかけられる、というところ。

これは何がいいのかというと、もう他の人で話が進んでいる求人にエントリーしてしまうという無駄が省けるところ。他の派遣会社だとWEB上のデータの反映が遅くて、もう他の人で話が進んでいる求人もしばらくウェブサイト上に載っていることが結構ある。

唯一の欠点は、後述の「イマイチポイント」でも書くがメール配信をONにすると一日に大量にメールが届いてしまうところ。

リクルートスタッフィングの仕事紹介までのスピード ★★★★★

リクルートスタッフィング仕事紹介(就業決定)までのスピードがとにかく速い

仕事紹介までのスピードに関しては、月刊人材ビジネス2017年10月号に掲載されている第28回派遣スタッフ満足度調査でNo.1となっている。

リクルートスタッフィングのマッチング力 ★★★☆☆

マッチング力とは派遣先での仕事内容や職場の雰囲気と登録スタッフの今までの職務経験やこれからやりたい仕事、希望の職場環境などがマッチしているかを、派遣会社側が判断する力のこと。

リクルートスタッフィングは基本的に、新しく登録したスタッフには条件が合う仕事であればどんどん提案したり、登録スタッフからのエントリーを重視して、経験やスキルなどの条件があっていれば結構「早いもの勝ち」という感じで派遣会社内の選考を通してしまったりするので、マッチング力は少し低めだと個人的には思う。

しかしながら、先ほどの満足度調査で、紹介された仕事内容の満足度でもNo.1を取っているので、マッチング力が低いことで逆に本人が希望した仕事に就ける確率が高い(派遣会社内の社内選考が厳しくない)ということで満足度が高いのかもしれない。

リクルートのブランド力のおかげもあり、優良企業から仕事がどんどん集まってくるので、やりがいを感じられる仕事も多いと思う。

リクルートスタッフィングの就業中のフォロー ★★★★☆

就業中のリクルートスタッフィング営業担当者の方のフォローは、私個人的にはとても良かった

派遣先でちょっとしたトラブルがあった時はしっかり話を聞いてくれて状況を理解してくれたし、その後の対応も速やかで適切だった。

だた、担当の営業担当者の方がかなり当たりだったというのはあるかもしれない。

ネット上の口コミだとリクルートスタッフィングの営業担当者は当たり外れがあるというのも見かける。

けれども、どの派遣会社でも新人の営業担当者はいるし、人によっても相性がある。

私の経験上は、リクルートスタッフィングの営業担当者で特段はずれだなって人はいなかった。

リクルートスタッフィングのイマイチポイント

リクルートスタッフィングでの仕事探しの際、求人情報をメールで受け取るという設定にしておいた方が紹介される求人数が増えるので、仕事探しの際はメール配信設定をONにしているが、求人情報のメール配信設定をONにすると求人1案件に対してメール1通来るので、仕事探し中は1日に受信するメールの数が半端なく多い

東京23区内の仕事は、求職者も多いので、高望みするとなかなか仕事が決まらないこともある。

東京23区内担当のお仕事紹介担当の人は少し冷たい感じの人が多い気がする(良く言えばサバサバしていて仕事が早くて合理的)。

リクルートスタッフィングの登録方法

リクルートスタッフィングでは、来社登録と完全来社不要で自宅で完結するオンライン登録の2種類の登録方法から選べる。

テンキー付きのパソコンを持っていない人は、結局スキルチェックのために来社する必要が出てくると思うので、来社登録がおすすめ。

公式サイトの登録についての詳細ページはこちら→リクルートスタッフィング

関連記事

リクルートスタッフィングの来社登録会の流れを詳細レポート

2位 テンプスタッフ(正式名称:パーソルテンプスタッフ)

テンプスタッフ
テンプスタッフは仕事紹介のコーディネーターの方が優しくて親切な人が多い印象がある。

求人数は業界トップクラスで、全国的に求人があり、対応している地域が広いので、首都圏や地方都市に住んでいる人以外にも登録をおすすめできる派遣会社。

参考 テンプグループ各社拠点一覧

登録者向けにワードやエクセルなどのオフィス系のソフトが無料で学べるスキルアップ支援制度もある。

Web・オンライン登録できる派遣会社一覧の記事をリライトしていてふと思ったのだが、テンプスタッフにクイックWEB登録するとめちゃくち...

テンプスタッフのやってみたいと思える仕事がある度 ★★★★☆

テンプスタッフは社会人経験が浅めの人や、そこまでスキルが高くない人向けの求人から、知識や経験を必要とする仕事、スキルが高い人向けの高時給の仕事まで幅広く求人がある。

未経験から挑戦できるとされている仕事もそこそこある。

テンプスタッフの求人検索はこちら

テンプスタッフの求人検索のしやすさ ★★★★☆

テンプスタッフの求人検索サイトである「ジョブチェキ!」が使いやすい。

希望条件を設定して求人検索できることはもちろん、設定した条件の仕事の新着情報をメールで受信することが可能。1日に希望条件に合う求人が複数あった場合は1通のメールの中でまとめて知らせてくれるので、リクルートスタッフィングみたいに1日にメールが何通もきてしまうということがなくて便利。

「ジョブチェキ!」ではテンプスタッフの求人以外にも、テンプグループの派遣会社の求人も検索できる。

テンプスタッフの仕事紹介までのスピード ★★★☆☆

テンプスタッフ仕事紹介までのスピードは普通

コーディネーターの人や営業担当者が、派遣先の仕事内容・雰囲気と登録スタッフの職務経験・スキル・希望の職場環境が合っているかしっかり検討してから、その仕事を最終的に仕事を紹介するか決めるので、仕事にエントリーしてからテンプスタッフの社内選考を経て派遣先企業の職場見学に行って就業が決定するまで、スムーズいっても2週間くらいはかかると思う

仕事と登録スタッフのマッチングを重視する派遣会社なので、エントリーしてもなかなか社内選考に通らなかったりする可能性があるのでそういう場合は職場見学や就業決定までが遅く感じるかもしれない。

テンプスタッフのマッチング力 ★★★★★

「仕事紹介までのスピード」のところで説明した通り、テンプスタッフは派遣先と登録スタッフの相性を考えてから仕事を紹介するので、仕事紹介までのスピードは多少劣る分、マッチング力は高い

ただ、未経験から新しい職種などに挑戦しようとすると、他の登録スタッフで経験者がいると結局その人に仕事が紹介されてしまうことが多いと思う。

大幅にスキルアップやキャリアアップできるような仕事は基本的には紹介してくれないと考えておいた方がいいだろう。

ただ、身の丈にあった仕事を紹介してくれるので、就業し始めてから仕事が難しすぎて困るということは少ないと思う。

テンプスタッフの就業中のフォロー

私自身はテンプスタッフで就業まではしたことがないので、就業中のフォローについては未確認だが、テンプスタッフで就業している人から聞いた話によれば、特に不満はなく、定期的に派遣先に面談に来てくれるので近況の相談ができるとのこと。

テンプスタッフのイマイチポイント

「未経験可」となっていたり、応募資格は満たしていても、未経験の職種の求人に応募した時は社内選考を通りにくい場合がある。

テンプスタッフの登録方法

テンプスタッフでは来社登録とクイックWEB登録という仮登録が選べる。

派遣で働くかどうか迷っていてまずは相談したいという場合や、なるべく早く働き始めたいという場合は来社登録がおすすめ。

希望に合った仕事があった時だけテンプスタッフで働きたいという場合はクイックWEB登録がおすすめ。

公式サイトの登録についての詳細ページはこちら→テンプスタッフ

3位 アデコ

アデコは外資系企業の求人に強い派遣会社で、アデコ自体も外資系の派遣会社。

外資系企業で特定の専門事務職などの職種経験を活かして働きたい人や、英語力などの語学力を活かして働きたい人におすすめ。

社会人経験が浅い人も始められる比較的簡単な事務の仕事もあるが、ある程度のスキルと経験を必要とする仕事が多い印象を受けるので、個人的にはどちらかというと、パソコンや語学などのスキルを持っていたり、特定の職種経験や業界知識が豊富なハイキャリア系の人におすすめの派遣会社。

紹介予定派遣の求人も多いので正社員志向の人にもおすすめ

アデコのやってみたいと思える仕事がある度 ★★★★★

アデコでは、高めのスキルと経験を要求される高時給の仕事もたくさんあるので、ある程度キャリアを積んできた私にとってはやってみたいと思える魅力的な求人がたくさんある。

仕事経験浅めの人が応募できる仕事は割合的に少ない感じがする。短期の仕事だと比較的簡単な内容の事務系の仕事や未経験から始められる事務系の仕事がある。

アデコの求人検索はこちら

アデコの求人検索のしやすさ ★★☆☆☆

アデコの求人検索のしやすさは正直言ってイマイチ!パソコンでの求人検索はそれほど問題ないけど、スマホでの求人検索がやりにくい!

一応アデコの登録スタッフ専用のマイページには希望条件に該当する仕事が自動的に表示されるようになっているが、それだと表示される求人が多すぎるので、その中でさらに条件を絞り込んで検索したいときがある。

そういう時に、スマホで希望条件を設定しようとすると、上の条件から設定していかないとダメで、下の条件を設定してから上にある条件を設定すると、下の条件設定が解除されてしまう。

あと、求人情報のメール配信設定はあまり意味がないと思う。特集ページの案内が(例えば「英語を使う仕事特集」など)あるだけで、自分の希望条件に合った仕事のみを受信するといったことはできない

アデコの仕事紹介までのスピード ★★★☆☆

アデコの仕事紹介までのスピードは普通。

求人によっても異なるが、社内選考の日数がかなり長いときがある

案件によっては社内選考に進む前に、コーディネーターの人だけじゃなくて営業担当者の人とも話してからじゃないと社内選考に進めないことがあって、営業担当者の人からの連絡を待ってから社内選考なので無駄に時間がかかる。

また、私の経験では、社内選考で1週間くらい待たされた挙句に、他の派遣会社の人で決まってしまって案件クローズとなったことがある。

アデコのマッチング力 ★★★★★

アデコテンプスタッフと同様、派遣先と登録スタッフの相性をアデコ内でしっかり検討してから仕事を紹介するので、マッチング力は結構高い。

アデコの就業中のフォロー

私自身はアデコで就業まではしたことがないので、就業中のフォローについては未確認。

以前同じ職場でアデコから派遣されている人から聞いた話によれば、フォロー体制はいいとのこと。

私が電話で話したことがある営業担当者の人や職場見学の際に会った営業担当者の人も、人柄が良さそうな人だったので、営業担当者の対応は良さそう。

月刊人材ビジネス2017年10月号の第28回派遣スタッフ満足度調査で「相談・苦情に対する担当者の迅速さ」でNo.1をとっているので派遣先でトラブルがあった際の対応もしっかりしていそう。

アデコのイマイチポイント

アデコ求人検索がスマホでしにくいのが最大の欠点。

スキルの低い人には冷たいという噂がある。

アデコの登録方法

アデコはオンライン登録が基本。パソコンでスキルチェックが受けられなかったりした場合は別途来社が必要になる場合もある。

インターネット環境がなくてオンライン登録できない人は電話した後に来社する形になるのだと思う。

公式サイトの登録についての詳細ページはこちら→アデコ

関連記事

派遣会社アデコのWeb登録の流れを詳細レポート

4位 パソナ

パソナは事務だけじゃなくてパソコンのスキルも高めたい人におすすめの派遣会社。

ワードやエクセルの基本的な操作だけじゃなくてVBAやRPA、WEB・マーケティングなどに興味があって学んで仕事に活かしたい、収入アップを狙いたい、という人におすすめ

パソナに登録すると、VBAやRPA、WEB・マーケティング、その他いろいろな講座が登録者限定の優待価格で受講できる。

パソナのやってみたいと思える仕事がある度 ★★★★★

パソナの求人では、エクセルの高度な機能を使うOA事務や、ピボットテーブルなどを使うようなエクセルスキルを活かせる求人をよく見る。

エクセルでマクロを組める人やWEBマーケティングに詳しい人には高時給の求人がたくさんあると思う。

一般事務や比較的簡単なデータ集計作業のようなOA事務もあるので、仕事経験が浅い人にもおすすめ。

英語を使う事務の仕事もある。通訳業務だとたまに超高時給の求人を見かける。

パソナの求人検索はこちら

パソナの求人検索のしやすさ ★★★☆☆

パソナの求人検索のしやすさは普通。

パソナJOBサーチというパソナの求人検索サイトで自分の希望条件に合う仕事を自分で絞り込み検索する。

よく使う検索条件は保存しておくことができる。

また、気になった求人はお気に入りに追加しておくことができる。

登録スタッフ専用のマイページに自動的に求人が表示されたりする機能はなく、メールでの求人情報の配信もない。

パソナの仕事紹介までのスピード

パソナの仕事紹介までのスピードはおそらく普通だと思う。

登録してすぐの時は、自分から仕事にエントリーしなくても電話で「こんなお仕事どうですか?」と連絡が来ることが多かった。

その後の社内選考の早さなどについては未確認。

パソナのマッチング力 ★★★☆☆

パソナは仕事紹介担当のコーディネーターの人によってマッチング力はまちまち

登録時に希望条件を伝えていても、希望条件に合わない仕事を紹介してくる人もいれば、ちゃんと希望条件に合う仕事を紹介してくれるコーディネーターの人もいる。

パソナの就業中のフォロー

私はパソナで就業したことがないので未確認。

今まで派遣先企業でパソナから派遣されている人にも会ったことがないので評判も不明。

パソナのイマイチポイント

コーディネーターの実力がまちまち。

社長周辺のニュースなどの内容から会社組織としてどうなんだろうというのがある。

パソナの登録方法

パソナはWEBで仮登録してから来社登録かWeb登録(電話登録)が選べる。

公式サイトの登録についての詳細ページはこちら→パソナへのご登録

5位 マンパワーグループ

マンパワーグループ日本で最初にできた派遣会社

リクルートスタッフィング、テンプスタッフ、アデコあたりの派遣会社だと結構、同じ求人を取り扱ったりしていることが多いが、マンパワーグループは他の派遣会社が取り扱っていない求人があったりする。

登録者限定特典のクラブオフが充実していたり、TOEIC公開テストが割引で受けられたりするので、マンパワーグループで働かなくても登録しておいて損はない。

マンパワーグループのやってみたいと思える仕事がある度 ★★★☆☆

あくまで個人的な意見だが、やってみたいと思える魅力的な条件の仕事(スキルアップやキャリアアップできる仕事や時給が高い仕事)が少ないかなと思う。

それと、仕事内容からみて、他の派遣会社に比べて時給が低めだと思う。

ただ、他の派遣会社が取り扱っていない案件をマンパワーグループだけが取り扱っていることがたまにあるので登録しておいてもいいかもしれない。

マンパワーグループの求人検索のしやすさ ★★★☆☆

マンパワーグループの求人検索のしやすさは普通。

登録しなくても求人検索することは可能。Webからの簡易登録でマイページを作成しておくと、求人にエントリーできるようになる。

さらに、来社登録か電話登録で正式登録したうえで希望条件を設定しておくと、マイページに自動的に希望条件に合った求人が表示されるようになる。

マンパワーグループの仕事紹介までのスピード ★★★★☆

マンパワーグループで社内選考を受けたとき、結果が出るのは早かった。

ただ、私は1つの案件しか経験がないので、案件によっては時間がかかることもあるかもしれない。

マンパワーグループのマッチング力 ★★★☆☆

マンパワーグループのマッチング力は普通だと思う。

マンパワーグループはそこまで魅力的な派遣会社とは感じないので、マンパワーグループの案件の中から仕事を決めたいという人がおそらく少ないので、ちょっと今までと違う業界の仕事でも社内選考を通過できる可能性が高い

未経験から挑戦したい業界や職種がある場合には逆にいいかも。

マンパワーグループの就業中のフォロー

マンパワーグループで就業まではしたことがないので未確認。

マンパワーグループから派遣されている人にも今まで会ったことがないので評判も不明。

マンパワーグループのイマイチポイント

やってみたいと思える仕事があまりなく、仕事内容から見て時給が低めだと思う(特に東京郊外)。

マンパワーグループの登録方法

マンパワーグループでは、来社登録会の参加か電話登録(WEB登録)が選べる。

現在のところ電話登録(WEB登録)できるのは希望就業地域が東京・神奈川・埼玉・千葉の人のみ

マンパワーグループの公式サイトはこちら→マンパワーグループ

関連記事

派遣会社マンパワーグループのWeb登録(電話登録会)の流れを詳細レポート

良い派遣会社とはどういう派遣会社か?

私が良い派遣会社だと思う基準の一番は、「自分がやってみたいと思える仕事があって、その仕事に就ける確率が高い」こと。

私がやってみたい!と思う仕事というのは例えば、未経験からチャレンジできる仕事や、スキルアップにつながる仕事、成長できる環境の派遣先企業での仕事、スキルや経験を活かせてさらにスキルアップやキャリアアップできる仕事など。

あと、派遣会社を選ぶうえでは仕事検索がしやすいかも重要。

派遣会社に登録しても、ウェブサイト上での仕事検索がしにくいと、結局その派遣会社はあまり利用しなくなってしまう。

あとできれば登録の時から仕事探し、就業中、仕事を辞めた時まで快適に過ごしたいので、お仕事紹介担当のコーディネーターの人の雰囲気とか、営業担当者の人の手腕や人柄も良いに越したことはない。

それにスキルアップもして高収入を目指していきたいので、スキルアップのための講座が無料や優待価格で受けられたり資格取得支援制度が充実していればなおのこと良い。

やりたい仕事に就けなければ派遣会社に登録しても結局意味がない

大手の派遣会社に登録してよくあるのが、登録スタッフ専用のマイページ上にはたくさん仕事が表示されていたり、電話で希望条件に合わない仕事はたくさん紹介されるけど、いざ自分のやりたい仕事を見つけてエントリーすると派遣会社から全く連絡がない、連絡があってもその後の派遣会社内の社内選考で落とされる、というパターン。

なので、自分のやりたい仕事を自分で見つけたい、仕事を自分で選びたいという人にとっては、派遣会社側がじっくり選考するような派遣会社ではなく、スピード重視で、エントリーしてきた人の中から選んでしまうという派遣会社の方が都合がいい。

なので、私のおすすめは、「やってみたいと思える仕事がある度が高く、マッチング力が若干低めで、仕事紹介までのスピードが速い派遣会社」ということになる。

それを満たしているのがリクルートスタッフィングである。

ということで、実際に仕事探しに利用した大手派遣会社のなかで私が最もおすすめするのはリクルートスタッフィング

こんなあなたにはこの派遣会社がおすすめ

「やってみたいと思える仕事が多く、自分で選んだ求人で就業できる可能性が高く、仕事紹介までのスピードが速い派遣会社」がいい人リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

社会人経験が浅めの人や、スキルがそこまで高くなく、そんなに高望みはしないので自分に合った仕事を紹介してもらいたい人テンプスタッフ

テンプスタッフ

英語が堪能で英語を使う仕事や外資系企業で働きたい、もしくは、特定の業界知識や職種経験があり、今後は英語も使用する仕事に就きたい人アデコ

事務だけじゃなくて高度なパソコンスキルを磨いて高収入を狙える専門事務職の仕事に就きたい人パソナ

主要な大手派遣会社にはほとんど登録していて、さらに求人数の母数を増やしたい、TOEIC公開テストを割引で受験したい人マンパワーグループ

私が実際に利用した事務系に強い派遣会社のおすすめランキングTOP5のまとめ

この記事をじっくりすみずみまで読んでくれた方はお分かりだと思うが、この大手派遣会社5社の中で実際に就業までしたことがあるのは今のところリクルートスタッフィングだけ。

お気に入りの派遣会社を見つけると結局その派遣会社ばかり利用してしまうので、他の大手派遣会社での就業経験がなく、この記事に情報を載せられていなくて申し訳なかった。

あと、私は大手派遣会社だけでなく、小さい派遣会社を利用することも多かった。

今回は大手派遣会社について「私が実際に利用した事務系に強い派遣会社のおすすめランキングTOP5」を作成してみたが、正直仕事内容ベースで仕事を選んでいるのでそこまでどこの派遣会社を利用するかということにはこだわっていない

私の一番のお気に入りの派遣会社であるリクルートスタッフィングで仕事が決まればリクルートスタッフィングから派遣されるに越したことはないが、良い仕事がなかなか決まらなければ他の派遣会社の求人で探したり、リクナビ派遣などのサイトから小さい派遣会社に登録に行くこともある。

派遣で働くのが初めての人はとりあえず大手派遣会社2、3社に登録してみて、大手派遣会社がどんな感じなのかを知りつつ、自分と相性のいい派遣会社を探しつつ、大手派遣会社で仕事がなかなか決まらなかったら小さい派遣会社を使うことも視野に入れるというのがいいと思う。

こちらの記事もおすすめ

最近、派遣会社に来社しなくても、ネットからの情報入力だけで派遣会社への本登録を完了させることができる派遣会社が増えてきた。 私...