当ブログではアフィリエイト広告を利用して商品やサービスを紹介しています。

化学物質過敏症患者、グルタチオンのサプリメント3種飲んでみた

化学物質過敏症が中等症から軽症くらいのころから、有害化学物質や重金属の解毒のために、iHerb(アイハーブ)で買えるグルタチオンのサプリメントを3種類試してみて、今も時々飲んでいます。

グルタチオンのサプリメントのそれぞれの効き目や、化学物質過敏症患者はグルタチオンのサプリメントをどんな風に飲むのがおすすめかなどを書いていきます。

なお、記事内のiHerbのサプリメントの詳細ページやレビューヘのリンクはわたくしhisuiの紹介コード(DWF1265)を含んでいます。

記事内のリンクを経由してiHerbの商品を購入すると、割引が適用され、hisuiにも紹介料が少し入ります。

お会計時に他のもっとお得なプロモコードを入力すると、そちらのコードが適用されますのでご安心ください。

なお、サプリメント服用による効果は個人の感想です。また、この記事に書くことは医学的アドバイスではありません。サプリメントを服用する場合は自己責任でお願いします。

hisuiは、化学物質過敏症の主治医から、サプリメントは食品扱いなので、基本的には何でも飲んでいいと言われています。

NOW Foods, グルタチオン、250mg、ベジカプセル60粒

NOW Foods, グルタチオン、250mg、ベジカプセル60粒は、成分がグルタチオンだけのシンプルなサプリメントです。

このメーカーのグルタチオンのサプリメントは250gと500gのものがありますが、化学物質過敏症患者は、50g から 100g くらいの少ない量のグルタチオンを1日3回や2回、少しずつ飲むのが良いみたいなので、250g のサプリメントを買えば良いでしょう。(500gのを買ってもいいとは思いますが、カプセルの中の粉を10等分するのが難しそうです。)

ちなみに、私が病院で処方されたタチオン(グルタチオン)の量は50gです。病院によっては100gを処方することもあるようです。

化学物質過敏症患者さんがこの250gのグルタチオンのサプリメントを服用する場合は、カプセル内の粉を、5回くらいに分けて(約50gくらいずつ)飲むのがおすすめです。(最初に250gの一錠そのまま飲んだら、息苦しくなって◯ぬかと思いました。)

私はグルタチオン50gくらいとアスコルビン酸1gと一緒にオブラートに包んで飲んでいます。(ビタミンB群などのサプリメントも一緒にオブラートに包んで飲むことも多いです。)

基本的には、グルタチオン50gくらいを朝・昼・晩飲むと良いでしょう。

化学物質過敏症が軽症になってきたら、化学物質曝露が少なくて、体調や倦怠感などに問題がなければ、グルタチオンを飲むのを1日2回にしたり、1日1回にしたり、グルタチオンを飲まない日があってもいいと思います。

あと、グルタチオンを頻繁に飲んでいると、眠れなくなってくることがある(グルタミン酸に興奮作用がある)ので、その場合も、グルタチオンを飲む回数を減らすといいと思います。

また、解毒で頭痛がひどくなることがあるので、頭痛がつらいときは飲む量を減らしてもいいと思います。

化学物質過敏症中等症から軽症くらいのときは、グルタチオンを飲むと解毒で頭痛がひどくなったり、不眠気味になったり、でも飲むの減らすと倦怠感が強くなって感じでどっちを取るかって感じなんですが、活動する予定がある時はグルタチオンを飲んで、逆に特に予定がなく、ぐっすり眠りたい時はグルタチオンをあえて飲まない、というような感じで調節してみてください。

このセクションで紹介したサプリメント→NOW Foods, グルタチオン、250mg、ベジカプセル60粒

このサプリについてiHerbでレビューも書いています→レビュー

Life Extension, グルタチオン、システイン&C、100粒

Life Extension, グルタチオン、システイン&C、100粒のサプリメントはグルタチオンに加えて、システインとビタミンC が入っています。

グルタチオンの量が50g で、化学物質過敏症患者の方にも適度な量なので、上記で紹介したグルタチオン250gと違って量を調節しなくてよくて、1カプセルそのまま飲めるのがメリットです。

化学物質過敏症患者さんは、一般的な人よりビタミンC を多く必要とする体質の方が多いとのことです。

特に、化学物質曝露で肌が赤くなったりかゆくなったりなど、皮膚症状のある方は、ビタミンC も摂るのがおすすめです。

あと、お魚を食べて肌が痒くなる方などにもビタミンC 摂取をおすすめします。私はビタミンC をサプリメントで摂取するようになってから、サバを食べても肌がかゆくならなくなりました。

ビタミンCは、人にもよりますが、1日2g~4g服用するといいそうです。

自分の体に合うビタミンC の摂取量は、4gまでで下痢しない量までとのことです。4g以上は消化管からは吸収できないそうです。

ビタミンC は体から排出されやすいので、1日3回くらい飲むのがおすすめです。

こちらのサプリメントのビタミンC の量は、500mgなので、1日3回で1500mg(=1.5g)。

このサプリメントで、皮膚症状が改善しない場合は、ビタミンC については他のサプリメントも併用すると良いでしょう。

私は上記でもリンク貼りましたが、粉末のアスコルビン酸を飲むことが多いです。

このセクションで紹介したサプリメント→Life Extension, グルタチオン、システイン&C、100粒

このサプリについてiHerbでレビューも書いています→レビュー

iHerbでもビタミンC1000mgのサプリや、ビタミンCの粉末のサプリもあるので、一緒に購入するのも良いと思います!→iHerb ビタミンCのサプリメント検索結果 注目度順

ビタミンCのパウダータイプをiHerbで買うなら、これがコスパ良いかも→Thompson, ビタミンCパウダー、5,000mg、8オンス(227g)

California Gold Nutrition, S-アセチルL-グルタチオン、100mg、ベジカプセル30粒

California Gold Nutrition, S-アセチルL-グルタチオン、100mg、ベジカプセル30粒は、グルタチオンを特別な形態で配合しているサプリメントです。

100gなので、化学物質過敏症軽症の人であれば、1錠そのまま飲んでも苦しくなったり体がどこか痛くなったりすることがほぼないと思います。中等症くらいの方や、軽症でも心配な方はカプセルを開けて2回に分けて飲んでもいいでしょう。

このサプリメントは、S-アセチルL-グルタチオンとのことですが、私自身はS-アセチルL-グルタチオンと普通のグルタチオンの効果の違いはわかりませんでした。

化学物質過敏症患者がグルタチオンのサプリメント3種飲んでみたの最後に

グルタチオンのサプリで私の一番のおすすめは、この記事で2番目に紹介した、Life Extension, グルタチオン、システイン&C、100粒です。

カプセルのサイズは大き目なんですが、私は元々大きいサイズのお薬を飲むの苦手だったんですが、カプセル系は滑りが良いので、意外とすんなり飲めて、今ではほとんどのサプリメントを苦じゃなく飲めています。(日本で処方される薬って錠剤タイプが多くて喉で滑りにくくて飲みにくいんだと思います。)

カプセルが大きくて飲むの大変そうだったら、カプセル1粒をオブラート2袋に分けて飲むのも良いと思います。

どのサプリも、売り切れの時もたまにあるので、その時は他のグルタチオンのサプリメントを探してみましょう!→iHerbのグルタチオンのサプリメント、注目度順

iHebで初めてお買い物する方は、2500円以上購入で何かのプロモコードが使えたりする(?)ので、一番最初に紹介したグルタチオンと、ビタミンCの粉末タイプの2つのサプリメントを買うのも良いと思います!この2つで2500円以上いくんじゃないかな?

NOW Foods, グルタチオン、250mg、ベジカプセル60粒

Thompson, ビタミンCパウダー、5,000mg、8オンス(227g)

他には、サプリメント以外では、化学物質過敏症の方でお使いの方も多い、グリセリンやエプソムソルトなどを購入するのもおすすめです。

hisuiのお気に入りグリセリン→NOW Foods, ソリューションズ、オーガニック植物性グリセリン、237ml(8液量オンス)



●◯. こちらの記事もおすすめ .◯●

体の痛み緩和に効いた?効かなかった?サプリメント・医薬品紹介 オンライン診療・電話診察のある化学物質過敏症診察可の病院一覧 【全国主要病院】化学物質過敏症の診断・治療ができる病院一覧 柔軟剤は危険?特に危険な柔軟剤の特徴とは?安全な柔軟剤も紹介 セスキ洗濯のやり方 柔軟剤はクエン酸とグリセリンで!おすすめ分量紹介