文系出身者が翻訳家・翻訳者になるには – フリーランス・社内・派遣・副業

私は小さいころから言葉に興味があり、英語にも興味があって、将来英語を使った仕事をしたいと思っていた。

現在までに英文事務や翻訳の仕事を実際に経験してきたが、フリーランスの翻訳家・翻訳者になるには専門分野が必要ということを痛感した

それなりに英語を使った仕事を経験できて満足してしまい、結局私は何か専門となる分野をつくって知識を身につけてフリーランスの翻訳家・翻訳者になろうとまでは思わなくなってしまった。

フリーランスの翻訳者になるには専門分野が必要という現実を身をもって知ってフリーランスの翻訳者になることへの魅力を感じなくなってしまった私だが、翻訳者というのはフリーランスでなければいけないとは限らない

社内翻訳者や派遣翻訳者、副業で翻訳をやるという方法もある

今回はそれぞれの翻訳者になるにはどうすればよいか、私が経験したことと考えたことを書いていこうと思う。

翻訳者の定義

そもそも翻訳者とはどういう人のことを指すのか。

「翻訳専業で食べている人を指す」という人もいるかもしれないが、ここでは、「仕事として翻訳をしている人」と定義したい。収入の大小にかかわらず、仕事として翻訳をしてお金を稼いでいる人を翻訳者とする

副業翻訳者 難易度★

翻訳を専業とせず、副業で良いという場合、そういう場合にすぐに翻訳の仕事を始めやすいのがクラウドソーシング

クラウドワークスランサーズなどが有名である。

私も一時期クラウドワークスを使って仕事をしていたことがある。

初めは報酬は少ないかもしれないが、「副業でもなんでもいいからとにかく翻訳の仕事をしてみたい!」という方はクラウドソーシングで翻訳にチャレンジしてみるのが良いと思う。

初めは報酬が低くくても、翻訳の出来によって次から高単価で継続的に仕事をお願いされるということもある

派遣翻訳者 難易度★★

とにかく翻訳の仕事がしてみたくて、雇用形態にこだわらないという方であれば、私のように派遣翻訳者として翻訳の仕事を始めてみることをおすすめする。

リクナビ派遣はたらこねっとエン派遣などで求人を探せるので探してみてほしい。

派遣で翻訳業務の仕事に就く場合、メールやレターなどの簡単な翻訳から、プレゼン資料の翻訳、技術文書や仕様書の翻訳などの高度な翻訳まである。

派遣で翻訳をするところの良いところは、技術的なことや内容でわからないことは社内の人に質問できるというところ。

派遣の翻訳業務の求人には、「専門的な内容や専門用語は業務を始めてから覚えればOK」といった条件のものがたくさんある。

派遣翻訳者が技術的な知識をもっている場合はもちろん有利だが、多くの場合、派遣翻訳者に求められているのは高い英語力と分かりやすい文章にする能力。

なお、派遣といえども未経験から翻訳の仕事につける求人というのは数が少なく、事務と一部翻訳業務があるというような求人から最初はスタートしなければならないと思う。

しかし、そのような求人で一度翻訳業務に携われば、以後翻訳経験ありと履歴書に書けるし、翻訳経験者として求人を探せるので、選べる仕事の幅がぐんと広がる

社内翻訳者 難易度★★★

会社に所属し、翻訳をメイン業務として仕事をしたり、他の業務と翻訳業務を担当したりするのが社内翻訳者。

社内翻訳者の職にありつくのはなかなか難しいと思う。

新卒採用では翻訳者としての採用はまずないだろう。なので社内翻訳者になる考えられる選択肢は以下の二つ。

  1. 派遣翻訳者として経験を積んでから、転職して社内翻訳者になる。
  2. 企業に就職して、翻訳業務をやりたいと希望を出して翻訳業務に就く。

派遣翻訳者からスタートする場合も企業に就職して社内翻訳者になる場合も、専門とする分野を決めておいて、派遣翻訳者としての仕事を探すなり、企業に就職するなりするのが良い

フリーランス翻訳者 難易度★★★★★

フリーランスの翻訳者になるためには翻訳会社のトライアルに合格する必要がある。

社内翻訳者をしていた場合は、会社を辞めてから独立してフリーランスになり、その元々勤めていた会社から仕事をもらうということもある。

翻訳会社のトライアルを受けるには、最低1年は翻訳経験が必要条件である。翻訳会社によって、応募資格が3年から5年の翻訳経験が必要というところもある。

社内翻訳者や派遣翻訳者として翻訳の実務経験を積んだり、翻訳学校に通ったあと、フリーランスの翻訳者になりたいのであれば翻訳会社のトライアルを受けてみよう。

フリーランス翻訳者を目指すならやったほうが良いこと

専門分野を決める

とにかく早い段階でどの分野で翻訳者になるかを決めておくのが望ましい。

理系の翻訳や技術翻訳では、文系出身者は、理系出身で技術者の翻訳者にはなかなかかなわないので、金融・証券や法務など、文系出身でも不利にならない分野を選ぶのが良いだろう。

ただ、技術系の翻訳をしている文系出身者もいるので、自分が興味を持てる分野の勉強をして、その分野の翻訳者を目指すのが一番だと思う。

とにかく専門とする分野を一つ決めて、就職先や仕事を探すうえでも、その分野の翻訳業務をすることが重要である。

技術翻訳をやるなら理系の大学に編入するくらいの覚悟で勉強する

実務翻訳の仕事は技術翻訳が圧倒的に多い。

金融・証券や法務などの文系に有利な翻訳ではなく、理系の分野の翻訳を専門とすることを選ぶなら、理系の大学に編入することが望ましい。

理系の大学に編入しないまでも、理系の大学に通って勉強しようとするくらいの覚悟がないと、文系出身で技術翻訳や理系、医療、医薬系の翻訳は難しいだろう。

翻訳学校に通う

翻訳学校に通うと、翻訳の基本的なことやテクニック、翻訳支援ツールの使い方などが学べるので、行って損はない。

私も一時期通っていたが、翻訳学校で学ぶことで翻訳力が確実に上がった。英語力と翻訳力は別物であることをその時実感した。

また、翻訳学校に通うと、翻訳学校と翻訳会社の間でコネクションがあり、翻訳の実務経験がなかったり、通常のフリーランス翻訳者募集の応募資格の経験年数より少なくてもトライアルを受けられることもある

翻訳の実務経験がなかったり、実務経験が短い人は翻訳の学校に通うことも選択肢に入れると良いだろう。

翻訳の求人に、「翻訳実務経験者又は翻訳スクール受講歴のある方」という風に書かれている場合もあるので、未経験から翻訳の仕事に就く際にも、翻訳スクール受講経験が役に立つことがある。

文系出身者が翻訳家・翻訳者になる方法のまとめ

私は英語が好きで何となく翻訳者に憧れていたが、結局学びたいと思えるような専門分野がなかった。よって結局派遣翻訳者止まりだ。

英語が得意な人であれば派遣翻訳者なら容易になれるだろう。

私はフリーランスの翻訳者になるために、今から理系の大学に編入したり、必死になって勉強する気はない。なぜなら興味のある分野がないからだ。

翻訳は、翻訳する文章の内容に興味がなければ絶対に続かない。英語が好きなだけでは到底不可能

結局、翻訳者になるには理系出身であることが絶対的に有利である。

翻訳者の求人を見ていると、理系のバックグラウンドをもっていることが応募条件であることが多々ある

文系出身者がフリーランスの翻訳者になりたいなら、金融証券や法務の分野を専門とするか、理系の分野にするなら大学に編入して技術的な専門知識を身につけるくらいの覚悟で技術を学ばないとフリーランスの翻訳者になるのは難しい

私は仕事をしながら何か興味のある分野が見つかれば学んでみようと思っていたが、結局見つからなかった。

翻訳をするにあたっては、翻訳支援ツールの使い方を覚えたり、フィールドコードを利用したり、マクロを組んだり、PCスキルもそれなりに必要である。

またフリーランスの翻訳者としてやっていくには、いろいろな翻訳会社のトライアルを受けたり、翻訳会社に営業したり、自分で翻訳に必要なパソコンやウィルスソフト、翻訳支援ツール、OCRソフト、プリンター、パソコンが壊れたとき用の予備のパソコンなどを用意し、経費処理をし、帳簿をつけ、確定申告をする必要が出てくる。

そういう現実を知り、私はフリーランスの翻訳者というのは自分には合わないと感じ、フリーランスの翻訳者になることに魅力を感じなくった。

しかし、フリーランスの翻訳者でなくても、派遣翻訳者やクラウドソーシングでの翻訳など、翻訳を仕事にできる機会は多くある

特に派遣翻訳者であれば、専門分野が特になくても翻訳を仕事にできることが多い

派遣での翻訳業務はメールやレターの日本語から英語への翻訳を頼まれたりして、派遣先の社員の人が書く日本語がそもそもあいまいで日日翻訳から始めなきゃいけないなどの不満はあるが、専門分野はないけど、人に伝わる文章を書くのが上手な人は、こういう「メールやレターなどの要点を伝えるための翻訳」をするのが向いている。

私も一時期はフリーランスの翻訳に憧れたりしたけど、結局メールやレターなどの翻訳や、技術的な内容はすぐに社内の技術者に確認ができる派遣翻訳者が私には一番向いているのかも。

ということで、自分にとってどういうスタイルで翻訳の仕事をするのがベストか考えてみることも大切だと感じる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする