正社員が派遣社員に絶対に言ってはいけない聞いてはいけない7つこと

派遣社員が正社員に言われてイラっとすることはたくさんある。

また逆に、正社員が派遣社員に何かを聞いたことで、その派遣社員からの返答によって逆に正社員のほうが気分を害するということもある。

そこで今回は、派遣社員である私が考える「正社員が派遣社員に言ってはいけない聞いてはいけないこと」を書いていこうと思う。

正社員になれなかったの?

「正社員の仕事が見つからなかったから派遣やってるの?」系のことを聞くと大抵外れる。

正社員での仕事が決まらなくて仕方なく派遣で働いている不本意非正規と呼ばれる人は約5人に1人だ。

それも、この不本意非正規の人たちは、非正規で働いている理由が、正社員になれなかったからではなく、正社員の仕事がなかったからと主に回答した人たちだ。

よって、「正社員になれなかったの?」系のことを聞いても必然的に80%以上は外れるので言うのはやめておこう。

20代、30代くらいで独身で派遣で働いている人は正社員になれなかった人だろうというのもはずれだ。

派遣社員として働いている人は、いろいろな理由で、派遣という働き方を選んで働いている。

プライベートを優先させたかったり、仕事以外にやりたいことがあったりというのももちろんある。

他にも、私もそうだが、仕事内容で選んでいるという人もいる。

私は英語を使う仕事がしたくて、自分のスキルを活かせる仕事がたまたま派遣で募集していたというのが最初で、派遣の方がやりたい仕事たくさんあることに気づき、派遣でずっと働いてきた。

派遣社員はスキルを身につけて経験を積めば、正社員より給料が高い場合もあるし、勤務地も勤務時間も、選べる自由度が派遣の方が高いのである。

社員になれるといいね

これも上記の「正社員になれなかったの?」と同様の理由で言うのはやめよう。

多くの派遣社員は正社員になりたいなんて微塵も思っていない。

正社員になりたい派遣社員の場合でも、「今の職場で正社員はないわ」と思っている場合もあるので気をつけよう。

参考記事

正社員になりたくてもなれなかった不本意系派遣社員は5人に1人で、それ以外は自ら望んで派遣社員という働き方を選んでいる。 にもか...

「派遣さん」と呼ぶ

派遣社員の方に直接「派遣さん」と呼びかけるのはやめよう。

派遣社員から派遣会社に寄せられる苦情で、派遣先の社員の方から「派遣さん」と呼びかけられたというのが最も多いらしい。

私は「派遣さん」と呼ばれたことはないが、もし呼ばれたらムカつくだろう。

その派遣社員の方のことを知らない誰かと話している時に代名詞的に「派遣さん」を使うのは問題ないが、本人に直接「派遣さん」と呼びかけるのはやめよう。

派遣じゃ生活苦しいでしょ

派遣社員も時給の低い人から高い人まであらゆる人がいる。

三大都市圏の10月度平均時給は1,652円

引用:ジョブズリサーチセンター 2017年10月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査

上記の通り、派遣社員の平均時給は1,652円である

1日8時間、勤務日数が1年で240日として計算すると年収300万円を超える

派遣社員は交通費が自腹ということを考慮に入れたとしても、正社員の一般職の方の年収とそこまで遜色ないのではないだろうか?

これを聞いて、生活苦しいように思うだろうか?

「派遣じゃ生活苦しいでしょ」は見当はずれなので言うのはやめよう。

ボーナスの話

派遣社員にはボーナスがない。

私は正社員の人がボーナスの話をしていても何とも思わないが、遣社員の人の中にはボーナスの話を快く思わない人もいる。なので派遣社員がいる場所でボーナスの話をするのは避けるのが無難である。

ちなみに私の場合、「ボーナスないときつくない?」と正社員に聞かれても、「月々の給料が高いので」と答えるだけである。

わざと嫌味で言ったとしても、私のような高時給の派遣社員は全くダメージを受けないので言わないでおくのが得策だ。

ボーナスなんて、会社の経営状況によってはもらえるかもらえないかわからない不確かなものなので私は全く魅力を感じない。

なお、派遣社員にボーナスがないことを知っておきながらボーナスの話を派遣社員にすると、場合によってはモラルハラスメントとして、派遣会社を通じて注意されることもあるので気をつけよう。

派遣なのにスキル高いんだね

正社員として働いている人から言われたことで私が一番ムカついたのがこれだ。

知人が私のことを「この子めっちゃ英語できるんです。」と話して、そのあとに私が派遣だからどうたらこうたらみたいな話をしたら、その日知り合ったばかりの人に、

「でも英語ペラペラなんだ」

と言われたのだ。

「でも」って何?とその時内心ブチ切れた。

おそらく派遣からの「でも」なんだと推測するが、「派遣でも英語ペラペラなんだ」というのはおかしい。「派遣だから英語得意なんだ」ならわかる。

だいたい派遣で専門事務職の特許事務やってるって話してんだから英語できて当然だしスキル高くて当然だろって話なのだが…。

お前も知財業界にいるんだったら外国特許事務やってる人がスキル高いことくらいわかんだろ!という感じで表には出さなかったが、心の中で静かにブチ切れていた。

派遣社員は二極化しており、スキルの高い人はかなり高いので、「派遣なのに」という枕詞は絶対に使わないのが賢明だ

時給いくらなの?

派遣社員に時給を聞くのはご法度だ。

派遣社員も派遣会社から、派遣先の人には時給については話さないように指示されている。(もちろん人事にかかわる社員の人は時給を知っている。)

それでもたまにしゃべってしまう派遣の人もいる。

事務の派遣の人だから時給低いんだろうと思っている正社員の人が多くいるが、事務でも時給の高い専門事務職の仕事は色々ある。

例えば、貿易事務、英文会計、法務事務、特許事務など。

事務でも一部翻訳業務があったり、パソコンスキルが高かったりという場合にも時給が高くなる。

派遣を長くやっていると、大体の人は専門的な知識や経験を身につけてスキルアップやキャリアアップしていくので、時給が高い場合が多い。

正社員の一般職の人が派遣の事務の人に時給を聞いたら、派遣の人のほうが年収が高いなんてこともあり得る。

ショックを受けないためにも、正社員は派遣社員に時給を聞くのを控えるのが賢明だ。

ちなみに私は、派遣会社の営業担当者から「hisuiさんは時給が高いので、社員の方にも派遣社員の方にも絶対に時給を言わないでください」と念押しされるくらいだ。

正社員が派遣社員に絶対に言ってはいけない聞いてはいけないことのまとめ

正社員も派遣社員もただ働き方が違うだけでどっちが上とか下とかはない。

同じ職場で一緒に仕事をする人同士なので、どちらも日々気持ちよく過ごしたいものだ。

正社員の人が、上記の7つを言わない聞かないを実践すると派遣社員は心地よく仕事をできると思う。

まぁ、この記事をじっくり読むような正社員の方はそもそも派遣社員にそんなに失礼なことを言わないと思うが。

派遣社員の方は、ムカつく正社員がいたら是非この記事をその人に見せてあげてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 正社員 より:

    派遣の分際でウザイわ

  2. K より:

    派遣先企業で派遣社員の管理を担当しています。
    「正社員が派遣社員に言ってはいけない聞いてはいけない7つのこと」、を、派遣社員と一緒に働く正社員向けの心得として、説明会で使用させて頂きたいと思います。
    問題ありそうでしたらご連絡ください。