派遣で英語を使う事務職でおすすめの職種、今後狙い目の職種とは?

今まで派遣で英文事務や翻訳を含む事務などのオフィスワークを6年ほど経験してきた私が、英語を使う事務職でおすすめの職種と、個人的に今後狙い目だと思う職種を挙げてみようと思う。

未経験者におすすめの職種

英文事務

英文事務の仕事内容としては、「英語の書類があるので英語に抵抗感がなければOK」程度のほとんど一般事務と変わらないものから、英語でのメールやレターでのやり取りや、英文資料の作成、英語での電話取次や外国人来客時の応対などを行う仕事もある。

比較的簡単な内容の仕事も多くあり、未経験OKの派遣求人も多く存在するので未経験からでもチャレンジしやすい職種。

事務経験と英語力があれば、もしくは事務経験がなくても英語を使った職務経験があれば、未経験から派遣で英文事務の仕事に就くのは比較的容易である。

派遣先の会社の業種や部署によって仕事内容に違いが出てくるので、今後キャリアアップを目指していくなら、なるべく興味のある業種や部署での仕事を選ぶことをおすすめする。

私が仕事探しでよく使っていた派遣求人サイトのリクナビ派遣で英文事務の仕事を検索した結果はこちら↓

リクナビ派遣で東京の英文事務の仕事を探す

外資系企業の部署アシスタント

外資系企業の部署アシスタントは、英語を使う一般事務や庶務業務

システムが英語表記だったり、入力作業が英語だったり、部署の人に頼まれる資料作成が英語表記での作成だったり、上司が外国人の場合は英語で指示があったり…というので英語力が必要となる

外資系企業だと手取り足取り教えてくれない場合もあるのでOfficeソフトくらいは普通に使えるくらいのレベルであることが望ましい。

基本的に部署の人からの頼まれ仕事やサポート業務をすることが多いので、人の世話好きで気の利く人に向いている。

英文事務と同様、比較的簡単な内容の仕事も多いので未経験から派遣で英語を使う仕事として始めやすい職種。

部署アシスタントに関しても、今後のキャリアプランを考えてなるべく興味のある業種や部署を選ぶことが望ましい。

リクナビ派遣で東京の外資系企業の英語力を活かせる事務系アシスタント業務の仕事を探す

翻訳チェッカー

翻訳のチェック(校閲)の仕事。英語力も必要だが、訳語のミスや訳抜けに気付く注意力が必要。

集中力を必要とする仕事なので、一日中細かい確認作業をしていられる人におすすめの仕事。

未経験可の派遣の求人を多く見かけるので、未経験から始めやすい職種。

将来的にフリーランスで翻訳チェッカーの仕事をするという道を選ぶことも可能。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる翻訳チェックの仕事を探す

翻訳コーディネーター

顧客から依頼を受けた翻訳をどの翻訳者にお願いするか翻訳者を選定したり、納期調整をしたり、翻訳の進捗を管理する仕事。

英語力も必要だが、クライアントや翻訳者、チェッカーと連絡をとり、翻訳スケジュールを管理するので、調整・管理能力や、コミュニケーション能力が高いことも重要

翻訳コーディネーターの仕事も未経験者歓迎の派遣求人が多くある。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる翻訳コーディネーターの仕事を探す

海外営業事務

メーカーや商社などで営業担当者のアシスタントとして事務的な作業をする業務。

受発注データの入力や在庫管理、納期調整、進捗管理などの事務を行う。

見積書・納品書の作成や請求書処理を行う場合もある。

英語表記の書類を取り扱ったり、取引先との連絡に英語を使ったりする。

以下で紹介する貿易事務と近い部分があるので、多少専門性が欲しい人にもおすすめ。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる営業事務の仕事を探す

専門的な知識も身につけたい場合におすすめの職種

英語力を活かして事務の仕事をしたいけど、「どうせなら専門的な知識も身につけたい!」という方にはこちらの職種がおすすめ。

こちらの職種も英語を使う仕事が初めてでも未経験から始められる派遣求人も無くはない。

貿易事務

貿易事務は輸出入に関する事務業務

輸出入に関わる書類の作成や、英語でのメールの連絡(コレポン業務)を行う。

貿易事務で経験を積んだり、通関士資格を取得すればより専門的な貿易事務業務に就くことができる。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる貿易事務の仕事を探す

英文会計・英文経理

外資系企業の経理部門で経理業務を行うのが英文会計・英文経理。

日本の会計・簿記を英語にするというものではなく、米国の会計制度に基づいて会計・簿記を行う。

邦文経理経験者が英語力を生かして英文会計・英文経理に挑戦することもあるが、経理業務が全くの未経験から応募が可能な英文会計・英文経理の仕事もある。

英文会計・英文経理の資格としては国際会計検定(BATIC)がある。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる経理の仕事を探す

法務事務

法律事務所や企業の法務部で業務委託契約書や秘密保持契約書などの作成やチェック、審査などを行う仕事。

英文契約書を取り扱う場合は英語力を必要とする。

顧問弁護士と連絡を取ったり、契約交渉のための資料作成などもある。

未経験からチャレンジできる法務事務の仕事で英語も使える求人は少ないので、法律系の仕事に興味があれば、まずは英語を使わない法務事務を経験してから英語を使う法務事務の仕事に就くのが良さそう。

法務事務に役立つ資格としては、ビジネス実務法務検定がある。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる法務事務・特許事務の仕事を探す

特許事務

日本の特許事務所か企業の知財部で特許を出願申請する際の事務作業を行う仕事。

日本企業が外国に特許を出願する際の事務を内外特許事務と言い、外国企業が日本に特許を出願する際の事務を外内特許事務(外国特許事務)と言う。

外国の代理特許事務所とのメールやレターでのやり取りに英語を使用したり、申請書類が英語だったり、英語の書類の内容を確認したりする。

特許事務に役立つ資格としては、知的財産管理技能検定がある。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる法務事務・特許事務の仕事を探す

高収入を目指したい場合におすすめの職種

これからキャリアアップして高収入を目指していきたいと考えている人にはこちらの職種がおすすめ。

秘書・セクレタリー

外国人上司のスケジュール調整や経費精算、電話対応、来客対応、会議の準備、会食手配、出張手配、社内外の人との連絡、資料作成などの秘書業務を行う。

翻訳や通訳業務が含まれる場合もある。

一人の上司を担当する場合と、グループセクレタリーと言って複数の役員(社員)の秘書業務を担当する場合がある。

秘書としての経験を積んで、エグゼクティブクラスの外国人役員の秘書になれば時給2000円超の仕事もある。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる秘書・セクレタリーの仕事を探す

翻訳業務含む事務

翻訳業務未経験でも翻訳業務含む事務という求人なら未経験から始められる派遣の仕事もある。

翻訳といっても、メールの翻訳から、社内資料の翻訳、社外向け資料の翻訳など仕事によって翻訳する文書や難易度はさまざま。

最初はメールの翻訳などの簡単な仕事から始めて、その後専門性を高めたり、翻訳専任業務につくと高収入が狙える。

医薬品の安全性情報の翻訳や、特許翻訳、金融・証券翻訳、薬事申請書類の翻訳業務など、専門性の高い翻訳業務だと時給も高くなり、時給1800円~2500円の求人もある。

派遣で経験を積んでから正社員職で社内翻訳者として働いたり、独立してフリーランス翻訳者として働くという道もある。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる翻訳・通訳の仕事を探す

通訳業務含む事務

通訳業務含む事務業務は、普段は英文資料の作成や翻訳業務、事務作業などをしていて、時々逐次通訳や同時通訳などの業務があるというもの。

同時通訳ができるレベルになると時給3000円以上も夢ではなくなる。

派遣で通訳の経験を積んでから独立してフリーランスで仕事をすることも可能。

リクナビ派遣で東京の英語力を活かせる翻訳・通訳の仕事を探す

今後狙い目だと思う「英語×事務」のおすすめ3職種

貿易事務 結婚後も働きたい人におすすめ

貿易事務は今後も安定して働けて専門性も高いので狙い目の職種だと思う。

貿易事務は東京の23区などの都心部でなくても東京郊外や、大阪や名古屋、福岡などの地方都市、その他の地域でも結構いろいろなところで求人があるので、ライフステージが変わっても働き続けたい人や、育児などが一段落したらまた働きたいという人におすすめ。

英文会計 外資系企業で働きたい人におすすめ

英文会計は専門性が高く、英語力も活かせるのでおすすめの職種と言える。

経験者向けの求人は時給も高いものが多い。

大抵の場合、外資系企業での勤務となるので、日本企業の雰囲気が合わない人に適した職種だと思う。

法務事務 将来的にパートや時短、在宅で働きたい人におすすめ

法務事務は英語力を必要としない仕事も多いが、法務事務の経験があってさらに英語もできると高時給の求人が多くある

週3日くらいの仕事やパート、時短でも高時給の求人があったり、在宅派遣でバーチャルアシスタントとしての求人も見かけるので、結婚したり子供ができたりとライフステージが変わっても働き続け易い職種だと思う。

プライベートも充実させたいけど、仕事も専門性を活かして短い時間で濃く働きたい人におすすめの職種。

派遣で英語を使う事務でおすすめの職種、今後狙い目の職種とは?のまとめ

事務職といっても色々あるので、興味のある職種かたまたま就いた職種でキャリアを積んでいって知識を増やして専門性を高めると高収入につながる。

20代半ばくらいまでの若いうちは簡単な英文事務や部署アシスタントのような仕事でもいいと思うが、派遣で長く働き続けたい場合や、好条件の正社員の職に就きたい場合は、専門性の高い事務職で経験を積むことをおすすめする。

職種をコロコロ変えてキャリアチェンジするより、ある程度同じような職種でキャリアを積んでいった方が派遣社員として働くときも時給が高くなり、正社員志望の場合も仕事を見つけやすい。まぁ今までやってきた仕事に飽きてしまったらキャリアチェンジしてもいいとは思うが。

派遣でキャリアを積んだ後にフリーランスとして働くという選択肢もあるので、個人事業主として独立したい場合は将来を見据えて仕事選びをすることが特に重要と思う。

こちらの記事もおすすめ

私は「英語を使った仕事がしたい!」ということで、派遣で6年以上、大手企業や外資系企業、中小企業、零細企業で英語を使う事務・オフィスワ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする