事務系派遣登録おすすめランキングTOP5【2020年アップデート版】はこちら

英語を使う仕事に強い派遣会社のおすすめ5選 – 外資系の派遣先も選べる!

英語を使う仕事や外資系企業の求人に強い派遣会社のおすすめ5社紹介し、それぞれの派遣会社の特徴をまとめてみる。

各派遣会社ごとに、この派遣会社はこんな人におすすめというポイントを書いておくので、登録する派遣会社を選びやすくなっていると思う。

英語を使う仕事に強い派遣会社

アデコ

アデコ

派遣会社アデコは、特定の職種経験(一般事務以外の専門事務職経験)や業界経験があって英語が堪能な人や、既に英語を使う仕事をしてきた人でさらにキャリアアップしたい人、外資系企業で働きたい人におすすめの派遣会社

アデコ自体が外資系の派遣会社ということもあって、英語力を必要とする求人の割合が多い。

英語上級者向けの求人や専門事務職の求人が多いが、短期の仕事なら比較的簡単な事務で英語を使用する仕事もある。

求人検索ではTOEICスコアのレベルごとに仕事検索できるのが便利。

2020年1月のアデコのWebサイトリニューアルにより、外資系の求人の絞り込み検索もできるようになって使いやすくなった。

登録方法は基本的にはWEB登録で、希望する仕事によって、必要があれば来社の案内がアデコの方からある。

アデコはこんな人におすすめ

  • 外資系企業の方が日本企業よりも気になる
  • 特定の専門職の経験があるので、その経験を活かしながら英語を使う仕事がしたい
  • 英語を使用した仕事経験があるが、もっと英語スキルを活かせる仕事に挑戦したい
  • 営業担当者が親切なほうがいい

公式サイト・登録はこちら→アデコ

派遣会社アデコのWeb登録の流れを詳細レポート

テンプスタッフ(正式名称:パーソルテンプスタッフ)

テンプスタッフ

テンプスタッフ は、社会人経験が浅い人や派遣で働くのが初めての人にも優しく丁寧に対応してくれるので、派遣登録自体が初めてという人に特におすすめできる派遣会社

求人数は派遣会社の中でもトップクラスで、外資系企業や様々な業界の企業と取引があるので必然的に英語を使う仕事も多い。

テレビCMで現在、芸人の内村光良が「人事部長」として出演しているパーソルグループのCMでもおなじみの派遣会社。

テンプスタッフにはグループ会社専用の求人検索サイト「ジョブチェキ!」があり、TOEICスコアのレベル別で仕事検索することができて使いやすい。

外資系企業の求人の絞り込み検索機能もデフォルトであるので便利(外資系企業のチェックボックスにチェックを入れればいい)。

TOEIC600点台くらいから挑戦できる仕事から、TOEIC800~900レベルを必要とする高度な仕事まで幅広くあるので、英語を使う仕事の初心者から、もう既に経験のある人、英語スキルの高い人にもおすすめできる派遣会社。

テンプスタッフの難点を挙げると、ネットからの登録だけではテンプスタッフに本登録(正式登録)できず、仕事を紹介してもらうには登録拠点に来社して本登録しなければならないところ。

テンプスタッフはこんな人におすすめ

  • 派遣登録自体が初めてで、派遣会社に来社して登録したい
  • 自分の今の英語スキルで無理のない仕事内容で未経験から英語を使う仕事がしたい
  • すぐに仕事が決まらなくても大丈夫(1か月くらいかかっても平気)
  • 派遣会社から連絡が遅くてもそれほど気にならない
    (派遣会社の社内選考で1週間くらいなら待てる)
  • Office系ソフトの勉強を無料でしたい。

公式サイト・登録はこちら→テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは人材系大手のリクルートグループの派遣会社。大手企業や優良企業の仕事が多く、高時給の仕事も多い。もちろん外資系企業の求人もある。

登録してから仕事へのエントリー、社内選考、職場見学までテンポよく進んでスピーディに就業先が決まることが多いのが特徴。

ネット上に一般公開されていない非公開求人もあり、本登録すると見られるようになる。

登録方法は来社登録とオンライン登録の2種類から選べ、スマホからでも登録が可能。

リクルートスタッフィングの英語を使う仕事の求人は、TOEICスコアで区切るのではなく、英語基礎レベル、英語日常会話レベル、英語ビジネス会話レベル、英語ネイティブレベルというレベル別で分けられているので、まだTOEICを受けたことがない人もすぐに英語を使用する仕事を探し始めることが可能。

外資系企業の求人のみを指定して絞り込み検索することもできる。

さらに、リクルートスタッフィングに登録するとTOEIC IPテストが4,155円で受けられたりWordやExcelなどのOffice系ソフトが無料で学習できたりするのも魅力的

リクルートスタッフィングはこんな人におすすめ

  • 日本企業も外資系企業もどっちも気になる
  • できれば大手優良企業で未経験から英語を使う仕事がしたい
  • 仕事を早く決めたい(2週間後くらいからでも働ける)
  • 自分の今のスキルや実力よりもちょっと難しい仕事でも挑戦してみたい
  • Office系ソフトの勉強を無料でしたい
  • TOEIC IPを受けたい

公式サイト・登録はこちら→リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングの来社登録会の流れを詳細レポート派遣会社に登録してExcelやWordの勉強を無料でしよう!

スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

スタッフサービス全国的に求人数が多い派遣会社で、比較的簡単な事務の仕事が多いが、最近は割とスキルが高い人向けの求人も増えてきた

スタッフサービスは事務職が未経験だったり、事務経験があってもパソコンスキルがあまり高くなかったりする人で、事務の仕事をしながら英語をちょっとだけ使いたい人や英語に少しでも触れられる環境で仕事をしたい人に特におすすめの派遣会社

登録した人だけが見られる非公開求人もあるので、ひとまず登録してみるのも悪くない。

外資系企業に絞って求人検索をすることも可能。

スタッフサービスはこんな人におすすめ

  • 仕事で少し英語に触れたい
  • 英語を使う簡単な仕事から始めたい
  • 事務未経験または事務経験が浅い人でもOKな求人が多い方がいい
  • 都市部だけでなく、地方の求人にも強い派遣会社に登録したい

公式サイト・登録はこちら→スタッフサービス

マンパワーグループ

マンパワーグループは、日本で最初にできた派遣会社で、マンパワーグループ自体が外資系の会社ということもあってか、外資系企業の求人が割合的に多い

その他、グローバルに展開している日本企業での仕事も多数ある。

外資系企業の派遣先のみに絞って求人検索するのも簡単にできる。

マンパワーグループに正式登録すると、TOEIC L&Rの公開テスト (受験料:通常5,830円) が賛助会員価格の4,730円(税込)で受けられるのも嬉しいポイント。

TOEIC受験料を割引で安く申し込み!派遣会社を利用する方法他

登録は来社登録が基本だが、首都圏など一部の地域はネットと電話のみで本登録を完了させることができる。

マンパワーグループはこんな人におすすめ

  • 外資系企業や日本のグローバル企業で働きたい
  • アデコやテンプスタッフ、リクルートスタッフィングが取り扱っていない穴場の求人を探したい
  • TOEIC L&Rの公開テストを割引で受験したい

公式サイト・登録はこちら→マンパワーグループ

派遣会社マンパワーグループのWeb登録(電話登録会)の流れを詳細レポート

派遣会社5社を表で比較

上記で紹介した5社の派遣会社について、登録を検討するうえで参考になりそうな比較ポイントを以下の表にまとめてみた。

なお、求人数については東京の求人数についてのみ調べた。

この表の情報は2019年11月28日にネット上に公開されている情報を調査した結果に基づくものである。

 

アデコ

テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

スタッフサービス

マンパワーグループ

求人数(東京)

4479

18194

6322

5299

3086

求人数
(東京、英語力要)

668

943

371

480

570

求人数
(東京、英語力要で外資系企業)

236 (※1)

263

126

95

297

求人数(東京、外資系企業)

387 (※1)

2061

387

270

545

外資系求人絞り込み検索

ネットのみで登録


(仮登録)


(地域限定)

来社登録可

TOEIC公開テスト割引

なし

なし

なし

なし

あり

TOEIC IP受験

なし

たまにあり

あり

なし

なし

※1:アデコは絞り込み検索の項目に「外資系企業」の項目がなかった(2019年11月28日時点)ので、フリーワードで検索した推定値。

この表を見るにあたって注意してほしいのは求人数の値。求人数はネット上で公開されている求人数なので、登録スタッフのみに公開される求人などは含まれていない

また、ネット上に公開されている求人情報が最新の状態にどの程度更新されているかも派遣会社によって違ってくる

ネット上で求人数が多く見えても、もう既に就業する人が決まっている求人もネット上にまだ公開されていたりするので、個人的にはネット上の求人数はあまり気にしていない。

さすがに小さい派遣会社だと求人数がかなり少ないことがあるが、ここで紹介した5社はどれも大手派遣会社なので、求人数に関しては問題ない。

そもそもどれだけ求人が多くても自分が働ける仕事は一つだけなので、仕事探しはタイミングや縁によるものも大きい。

なので、登録する派遣会社を選ぶときには求人数にはそれほどこだわらず、別のポイントを見て総合的に判断して決めた方がいい

英語を使う仕事に強い派遣会社のおすすめ5選のまとめ

今まで英語をたくさん勉強してきて、せっかくなら英語力を活かせる仕事に就きたいと考える人や、外資系企業で働いてみたい人も多いと思う。

英語を使う仕事に就くのは、正社員では難しいかもしれないけれど、派遣なら比較的簡単に就ける。

なので、英語を使う仕事が未経験の人や、今までよりももっとガッツリ英語を使う仕事がしたい人も、 是非とも派遣会社に登録して、英語を使う仕事や自分の理想とする内容の仕事にチャレンジしてみてほしい。

今回紹介した5社の派遣会社はどの派遣会社も英語を使用する求人を多数取り扱っているので、どの派遣会社に登録するかあまり悩まずに、なんとなく良さそうと思った派遣会社に登録してみれば問題ない。

派遣会社ごとに特徴や雰囲気の違いなどがあり、人によって好みが分かれるので、絶対にこの派遣会社が良いと断言することはできない。

なので、複数の派遣会社に登録してみて雰囲気の違いを感じてみるのもおすすめ

複数の派遣会社に登録することで、1つの派遣会社に登録するだけの場合より、多くの求人の中から自分の希望に合う求人を選ぶことができるようになる。




こちらの記事もおすすめ

2020年最新版!WEB登録・ネット登録できる派遣会社リスト【来社不要でオンライン完結】派遣で英語を使う事務職でおすすめの職種、今後狙い目の職種とは?翻訳の求人に強い派遣会社一覧 翻訳・語学特化系 vs 大手派遣会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です