派遣社員のクレジットカードの在籍確認は派遣元か派遣先かそれともなしか?

派遣社員がクレジットカードの申し込みをしたとき、在籍確認が派遣元にくるか、派遣先にくるか、それとも在籍確認なしかはカード会社によって違う。

基本的には在籍確認が派遣元にくるか在籍確認なしの場合が多い

と、記事のタイトルの答えを冒頭に書いてしまったので、もう残りの記事を読まなくても構わないのだが、私の経験として、クレジットカードを申し込んだときに在籍確認が派遣元にいったのだが、確認がスムーズに行われなかったことがある。

その経験を踏まえて派遣社員がクレジットカードを申し込むときに在籍確認がスムーズに行われるようにする方法を書いていこうと思う。

在籍確認が派遣元にくる場合

最近では個人情報保護法によって、ほとんどの派遣会社が、クレジット会社から派遣社員の在籍確認の問い合わせを受けても「お答えできません」と答える場合が多い

「えぇぇぇぇ!それじゃ在籍確認できないじゃん!」

と思われた方、安心してほしい。

あらかじめ派遣会社に連絡して、適切な対応を取ってもらうようにすれば問題ない。

例えばテンプスタッフの場合、「クレジットカードを申し込んだので、在籍確認への回答をお願いします。」と伝えておけば問題ない。

リクルートスタッフィングの場合、在籍確認の電話への回答は行わず、在籍証明書というものを発行するという形で対応している。在籍証明書はスタッフのマイページからの発行を申請できる。

在籍確認が取れなかった場合

派遣元での在籍確認が取れなかった場合も、それですぐにクレジットカードの審査に落ちるということは考えにくい。

私も以前、派遣元で在籍確認が取れなかったことがあるが、その時はクレジットカード会社から自分の携帯電話宛てに、「派遣元で在籍確認が取れなかったので、現在ご出向中とのことですので出向先の電話番号を教えていただけますか?」と連絡がきた。

派遣先の電話番号を伝えた後、派遣先で在籍確認が取れたようで、無事カード発行となった。

在籍確認が派遣先にくる場合

基本的に派遣社員がクレジットカードの発行を申し込んだときの在籍確認は派遣元にくるか、在籍確認無しの場合が多いので、派遣先に在籍確認がくることはほとんどないと言っていいだろう。

部署がそれほど大きくなく、直通の電話番号があれば職場の誰かが電話に出て答えてくれるので在籍確認が取れるだろう。

部署が大きすぎて派遣社員の名前を把握していないというような部署の場合は在籍確認が取れない場合があるかもしれない。

けれども、その場合も、本人に確認の電話がいったり、派遣元に在籍確認をしたりして対応するはずなので、あまり心配しすぎる必要はない。

在籍確認が来ない場合

実は、派遣社員がクレジットカード発行を申し込む場合、在籍確認が行われないケースというのが最近増えている

私も最近クレジットカードの発行を申し込んで、本人確認の電話がかかってきたときに、クレジットカード会社の人に「派遣元が在籍確認に答えないことになっているので、在籍証明書を発行してもらった方がいいですか?」と聞いたところ、「あ、大丈夫ですよ、この本人確認の電話で発行の条件がほとんどそろいましたので。」と言われた。

派遣社員の場合、個人情報保護法により、在籍確認の手続きが煩雑になっているため、最近では在籍確認が行われないケースが多いのだという。

また、クレヒスに問題がない場合、在籍確認を省略することもあるのだそう。

派遣社員のクレジットカードの在籍確認は派遣元か派遣先かそれともなしか?のまとめ

クレジットカード会社の人間ではないのであまり確かなことは言えないが、派遣社員がクレジットカードの発行を申し込んだ場合、在籍確認は省略されることが最近多いようである。

在籍確認がある場合は派遣元に確認がいくことが多い。

もし派遣元や派遣先で在籍確認が取れなかったとしても、本人に連絡がきてから在籍証明書などで対応してもいい。

なので、あまり心配せずにクレジットカードの発行を待っていればいいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする