今自分が取るべき資格・身につけるべきスキルを知るのにおすすめの方法

就職活動や転職活動の際は「資格何か取っておいた方がいいのかな~」「今身につけたら後々役に立つスキルって何だろう?」と悩むことも多いと思う。

私は現在複数の資格を所有しているのだが、それが就職、転職、年収アップに役立ってきたので、私が実践した「今自分が取るべき資格・身につけるべきスキルを知るのにおすすめの方法」を紹介したいと思う。

求人サイトで応募資格をチェックする

求人サイトは情報の宝庫である。

求人サイトで求人広告を見ていると、応募資格に必要なスキルや資格、経験などが書いてある。

自分が将来やってみたい仕事を検索して、どういう仕事にはどういうスキルや資格が必要なのかチェックすると大変役に立つ。

今自分に必要な資格やスキルを知るのにおすすめの求人サイト

今自分に必要な資格やスキルを知るためには、リクナビ派遣はたらこねっとエン派遣などの派遣求人用のサイトを見るのが良い。

なぜなら、派遣の求人広告には、正社員の求人より、応募に必要な資格やスキル、経験などの条件が事細かに書かれているからだ。

この理由は、派遣の求人募集の場合、派遣先企業は個人を特定できないようになっているからである。つまり、派遣会社が派遣する人を決めるため、派遣先企業は働いてもらう人を複数の人から選ぶことができない。よって応募資格をとっても細かく設定するのである。

したがって、今自分に必要なスキルや資格を知るためには派遣求人の応募資格を見るのをおすすめする。

私がこの方法で調べて取った資格とスキル

私がこの方法で調べて取った資格は、TOEICとMicrosoft Office Specialist Master(MOS Master・マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター)だ。

その前に、大学4年の時点で簿記2級を取得していた。社会人として持っていて損はない資格だと思ったからだ。

TOEIC

新卒での就活は少しやってみたのだが、苦行だなと思い早々にやめてしまって、派遣の求人サイトを見ていた。すると、簿記2級とTOEIC 800を取得していて事務経験が1年以上あれば時給1800円の仕事がたくさんあった。なのでTOEICで高得点を取ろうと思った。

英語を使う事務の仕事に関してはTOEIC 500、600くらいから求人はあったが、点数が上がれば上がるほど、できる仕事の幅が広がることが派遣の求人サイトを見ていてわかったので、TOEIC 800を目指した。

TOEIC 900を要求している求人は、逐次通訳や同時通訳などを要求される仕事ばかりだったので、そもそも私には難しいと思い、TOEIC 900は目指さなかった。

その結果大学4年でTOEICスコア875を達成した。

Microsoft Office Specialist Master

簿記2級とTOEIC 875で既卒から仕事には就けたのだが、最初の仕事で1年くらいで派遣切り(雇止め)された。その後転職もすぐ決まったが、ちょこちょこ転職するとなるとその企業が使っているシステムにすぐに慣れないといけない。そのため、WordやExcelの知識は必須だなと思っていた。

2社目に勤めていた時、また転職を考えたのだが、派遣の求人を見ていると、事務といっても、応募資格は様々で、Excelのvlookup関数が使えることとか、Wordの差し込み印刷ができることとか、細かく条件があることに気づいた。

仕事に就く前にちょろっと勉強すればいいかなとも思ったのだが、派遣の求人は「急募」が多い。

よって、仕事が決まってから働き始めるまでに勉強している時間がないと思い、体系的かつ網羅的に勉強しようと思い、Microsoft Office Specialist Master(以下MOSマスターと書く)を取得した。

MOS資格を履歴書に書くのは恥ずかしい?

「MOS資格を履歴書に書くの恥ずかしい」って言う人たまにいる。そういう人たちの主張は、「MOS資格なんてなくても普通にワードもエクセルも使えるし」ということだ。

でも、MOSマスターを取った私から言わせてもらえば、「MOS資格を履歴書に書くの恥ずかしい」とか言う人に限って全然ワードもエクセルも使いこなせていない。こんな初歩的な使い方も知らないのか?という感じで、正直言って初級レベルにも達していない。

MOSマスター資格で確実に作業効率が上がる

MOSマスターを取得してからは、転職先ですぐにその職場が使っているシステムに慣れ、すぐに使いこなすことができたし、作業効率化のために関数を利用したり、簡単なマクロを記録したりして業務の効率化もできるようになった。

MOSマスターは難しい場合

MOSマスターは、Word Expert, Excel Expert, PowerPoint specialist, Access specialist または Outlook specialistの4資格を取得すると贈られる称号だ。

4資格を取得するのは時間的にも金銭的にも難しい場合は、Word specialist(ワード スペシャリスト)とExcel specialist(エクセル スペシャリスト)だけでも取得するのをおすすめする。

事務などの仕事を始めた際の仕事の効率が格段に違ってくる。

今自分が取るべき資格やスキルを知るのにおすすめの方法のまとめ

私はなんとなく、英語を使った事務のお仕事や翻訳をしてみたいというのがあったため、上記で挙げたような資格を取得した。

人によって就きたい仕事や職業は異なるため、必要となる資格やスキル、経験も違ってくる。

したがって、上記で紹介した求人サイトで、自分がやってみたい仕事を検索してみて、複数の求人広告の応募資格欄をチェックして、今自分がとるべき資格・身につけるべきスキルを探し、どんな資格を取り、どんなスキルを身につけるか検討してみることをおすすめしたい。

こちらの記事もおすすめ

TOEIC公開テストを割引で安く申し込む方法について、「自分の所属団体を利用する方法」、「派遣会社の福利厚生を利用する方法」、「リピ...
私はMOS資格を複数取得してMOSマスターの称号を与えられているのだが、MOS資格の受験料は本当に高すぎだと思う。1つの試験で1万円...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする