事務系派遣登録おすすめランキングTOP5【2020年アップデート版】はこちら

派遣のWeb登録・オンライン登録と来社登録の違いとメリット・デメリット

今まで派遣登録というと、派遣会社に来社して登録する「来社登録」が一般的だったが、ネットで派遣会社への本登録を完了させることができるWeb登録・オンライン登録が主流になりつつある。

そこで、Web登録・オンライン登録と来社登録の違いとそれぞれのメリット・デメリットについて解説し、どんな人にはWeb登録がおすすめで、どんな人には来社登録がおすすめか書いていく。

Web登録・オンライン登録とは?

Web登録・オンライン登録とは、派遣会社への来社が不要で、ネットのみで派遣会社への本登録が完了する登録方法。

氏名、生年月日、性別、電話番号、メールアドレスなどの基本的なプロフィール情報をWebから入力し、住所、職歴や資格・スキル情報、希望条件などを入力することで派遣会社への本登録が完了する。

派遣会社によっては、登録時に顔写真と本人確認書類の画像データのアップロードが必要なこともある

また、希望する職種によっては、タイピング速度等のスキルチェックデータが必要なため、ネットでスキルチェックを行う必要がある

派遣会社によっては、ネットからのプロフィール情報入力後に、電話やテレビ電話、オンラインチャットなどで、今までの職歴などに関するインタビューや、希望条件の確認を行う場合がある。

Web登録・オンライン登録のメリット

  • 来社する手間や交通費がかからない。

Web登録・オンライン登録のデメリット

  • Web登録・オンライン登録できる派遣会社が限られている。
  • 来社不要でネットだけで登録できるとはいっても電話でのインタビューがある場合がある。
  • 顔写真や本人確認用書類などをすべて自分でアップロードする必要がある。
  • タイピング速度の計測など、自宅にパソコンがない場合は、来社登録と比べて登録内容に不足が生じる。
  • 自宅でスキルチェックできる環境(パソコン・テンキーも必要)がない場合は、希望する仕事によっては結局来社が必要になる。
  • 派遣会社の雰囲気がわかりづらい。

来社登録とは?

来社登録とは、派遣会社に来社して登録する登録方法。派遣会社の登録会に参加する場合などもこの来社登録に当てはまる。

派遣会社へ来社し、パソコンで職歴や資格・スキル情報の入力を行ったり、スキルチェックをしたりする。

なお、来社前にあらかじめネットから資格・スキル情報や職歴などを登録し、スキルチェックをしておくことで、来社登録時にかかる時間を短縮できる。

スキルチェックの内容は、派遣会社によって違うが、タイピングの速度チェックはほとんどの大手派遣会社で行われる。

その他、簡単な漢字の読みや簡単な暗算、左と右の文章で違いがあるかのチェック、ピッタリはまる図形を選ぶ問題などが出されることがある。

ワード、エクセルの基本操作のスキルチェックが行われる派遣会社もある。

また、派遣という雇用形態での働き方の仕組みについての動画を見させられることがよくある。

説明動画を見たり、プロフィールの入力などが終わったら、派遣会社の面談担当の人と面談する。

多くの派遣会社では、今までの職歴の詳細や経験した仕事内容について尋ねられるので、聞かれたことに対して説明をする。希望条件の確認なども行われる。(派遣会社によっては、パソコンで詳細に職歴や希望条件について入力していれば、口頭での確認作業は省略されることがある。)

即日勤務可能な場合や、1ヶ月後くらいから勤務開始可能な場合は、希望条件に合った仕事案件があれば、来社登録時にその場で仕事紹介の話が進むこともある。

来社登録のメリット

  • 本人確認書類や顔写真のアップロードの手間が省ける。
    (本人確認書類はその場で渡してコピーをとった後にすぐ返却してもらえる。顔写真はその場で撮ってもらえる。)
  • タイピング速度やパソコンスキルのチェックを来社したその場で受けられ、登録データとして保存される。
  • 職歴の入力やスキルチェックなどを行うのに、家でやるより集中して行える。
  • 派遣会社の雰囲気がわかりやすい。
  • 来社登録したその日にその場で仕事の相談ができ、仕事の紹介をしてもらえることもある。

来社登録のデメリット

  • 来社する手間や交通費がかかる。
  • 人によっては住んでいるところの近くに派遣会社の登録拠点がない。
  • 登録したけど希望の仕事がなかったり、仕事を紹介されなかったりした場合に時間と労力が無駄になる。

Web登録・オンライン登録と来社登録、結局どっちがいいの?

Web登録・オンライン登録がおすすめな人の特徴と来社登録がおすすめな人の特徴をそれぞれまとめてみた。

どちらに多く当てはまるかで、どちらの登録方法にするか決めるといいと思う。

Web登録・オンライン登録がおすすめな人

  • まだ働くかどうかわからないけど、とりあえずどんな仕事があるのが知りたい。
  • もう既に派遣で働いたことがあり、派遣社員としての働き方の仕組みを知っていて、外出する手間なく登録を完了させたい。
  • 家にパソコンがあり、写真のアップロードなども余裕でできる。テンキーがある(テンキー入力のスキルチェックがある場合が多いのであったほうがいい)。

テンキーだけ単体で買うのも良いけど、この際タイピングしやすいキーボードを購入するのもアリ。

おすすめ記事

疲れないキーボードを知りたい。タイピング早打ち日本一の「女王」miriさんに聞いてみた #ソレドコ – ソレドコ

キーボード(PC周辺機器)は良いものにアップグレードすると体が疲れにくくなります。ひたすらキーボードに打ち込む仕事(エンジニアやライターなど)の場合、パソコンとセットになっているキーボードやノートパソコンのキーボードよりも、外付けのキーボードに買い替えるのがオススメ。指や手首への負担が軽くなったり、タイプミスが減ったり、良いことばかり。特にオススメなのはメカニカル方式と静電容量無接点方式。ど…

来社登録がおすすめな人

  • なるべく早く仕事を見つけて働き始めたい。
  • 家にパソコンがない。パソコンはあるけど写真のアップロードをするのは面倒。ノートパソコンでテンキーがない(買いたくない)。
  • 派遣という働き方の仕組みを良く知らない(自分で調べて理解するのは面倒なので説明してもらいたい)。
  • 派遣で働くかまだ分からないけど、派遣会社の人と直接会って話をして相談したい。
  • スキルチェックするのに家だと集中できない。
  • 派遣会社の人と顔を見て話したい。派遣会社の雰囲気を知りたい。

派遣のWeb登録・オンライン登録と来社登録の違いとメリット・デメリットのまとめ

Web登録・オンライン登録で派遣登録の本登録を完了させたことが何度かあるが、自宅で派遣登録できるので、派遣で働いた経験がある身としては、オンライン登録は楽だし手軽で良い。

なので、派遣の仕組みを理解していて、かつ家にパソコンがあってテンキー入力もできる環境であれば、Web登録で問題ない。

2020年最新版!WEB登録・ネット登録できる派遣会社リスト【来社不要でオンライン完結】

逆に、派遣で働くのが初めてだったり、派遣で働くかどうか迷っている場合は、来社登録で今後の働き方について相談するのもありだと思う。

コロナ禍でも来社登録できる派遣会社リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です