転職支援サービス「ミイダス」とは?特徴・メリット・デメリットを聞いてきた

面接確約

ミイダス」とは、転職活動を支援する転職サービスサイトで、転職サイトや転職エージェントとは異なり、「ダイレクトリクルーティング」と呼ばれる転職手法を採用している。

このブログ「じゅっこう部」は一応派遣関係のブログなので就職・転職と関係しているということで、「ミイダス」の社員の方が「ミイダス」の転職サービスについて話してくれるイベントに参加できる機会があったので行ってみた。

今回はそのイベントで聞いてきた、「ミイダスの転職サービスの特徴やメリット・デメリット」をまとめてみる。

ミイダスの特徴 ―「待ちスタイルの転職活動」を支援

ミイダスの特徴を一言で述べるとすると、「待ちスタイルの転職活動」を支援する転職サービスであるということ。

「ミイダス」の転職手法は「ダイレクトリクルーティング」と呼ばれるもので、働いてくれる人を募集する企業の人事が直接、ミイダスのデータベースの中から検索を行って、ミイダスに登録している人のなかで募集条件に合う人にダイレクトメールを送って採用活動をする。

なので、転職活動する側の人は、企業から連絡が来るのを待って、連絡が来た求人の中から応募する求人を選ぶという「受け身のスタイルの転職活動」を行う

ミイダスのメリット

求人検索の手間が省ける

ミイダスに登録すると、自分のスキルや資格・経歴などを見た企業の人事から直接スカウトが来るので、自分が応募できる求人を探す手間が省けるのが一番のメリット。

市場価値診断・適性診断が無料で受けられる

一部の転職サイトや転職エージェントでも適性検査や適性診断などを受けることができるが、簡易的な診断だったり、転職エージェントのオフィスに行かなければ受けられない場合もある。

それに引き換え、ミイダスは診断の種類が豊富でスマホやパソコンで気軽に診断できる

市場価値診断

市場価値診断では、今の自分のスキルや経歴で想定される年収が診断できる。

この市場価値診断だけならミイダスに登録しなくても診断できるので、試しにこれだけやってみるのも面白いかも。

市場価値診断はこちら→市場価値診断ならミイダス!

ただ、この市場価値診断を行うのに、自分のスキルや経歴を割と細かく入力するので、職歴や保有資格の多い人はここまで入力したんだったら、せっかくだし登録もしておこうかなという気になると思う。

ミイダスコンピテンシー診断

ミイダスコンピテンシー診断は、一般的によく行われる適性検査のようなもの。

どんな職務適性があるか、どんな職場が向いているかなどが分かる診断となっている。

ミイダスパーソナリティ診断

ミイダスパーソナリティ診断は、自分の「生まれもった個性」を診断できる

自分が生まれつきどんな個性を持っていて、その個性を生かすにはどうしたらいいかなども書かれている。

また、「今のコンディション」診断も一緒にでき、「充実」から「疲れ気味」で診断される。

どのように日常を過ごせば充実に近づくかのアドバイスも書かれているので転職だけでなく、実生活をよりよくするのにも役立つかも。

診断はこちら↓↓

適性検査LP

転職のミスマッチを防げる

上記のような診断を利用し、自分の職務適性やどんなパーソナリティがあるのかを把握してから転職活動に臨むことで、転職後のミスマッチを減らすことが期待できる。

ミイダスのその他のメリット

ミイダスのその他のメリットについては、ミイダス公式のYoutube動画で説明されているので、興味のある方はこちらの動画をどうぞ。

ミイダス紹介ムービー (音を出さなくてもご理解いただけます)

デメリット

自分で求人を選べない

転職者側は自分から企業を検索したり応募したりすることができないので、憧れの企業があったり、挑戦してみたい職種があったとしても、自分から自分が応募したい求人を探して応募するような、積極的な転職活動をすることができない

相談する人がいない

転職エージェントと違い、アドバイザーがいないので、転職について相談する人がいないのはデメリット。

ただ、転職エージェントを使わずに転職サイトだけで転職活動をする人も多くいるので、元々転職サイトだけを利用して転職活動をしようと思っていた人にとっては、アドバイザーがいないことはデメリットにならない。

また、転職について相談したいのであれば、ハローワークで相談するという手もある

ハローワークは失業中でなければ利用できないと思っている人もいるかもしれないが、ハローワークで求職登録をすれば現在仕事に就いていても利用することができる。

ミイダスの賢い使い方

ミイダスは、「自分が転職したい時ではなく、自分の市場価値が高いときに転職するのが正解」という考えのもと作られた転職支援サービス。

なので、ほんの少しでも将来的に転職する可能性があるなら登録しておいて、条件の良い求人が出たタイミングで転職を考える、というのがミイダスの賢い使い方。

ミイダスとは?まとめると…

  • 「待ちスタイルの転職活動」を支援する転職サービス
  • 求人検索にかかる時間を省いて効率的に転職活動できる
  • 自分から応募したい求人を検索して応募するなど、積極的な転職活動はできない
  • 「コンピテンシー診断」や「今のコンディション診断」など、転職活動や普段の生活にも役立つ診断の種類が豊富
  • とりあえず登録しておいて条件の良い求人が出たときに転職するかどうか検討するのが賢い使い方

転職サービス「ミイダス」とは?特徴・メリット・デメリットを聞いてきたのまとめ

面接確約

正直、このイベントに参加する前までは、私のブログは主に派遣関係のブログだし、ミイダスは一般転職の転職支援サービスだから、転職サイトとか転職エージェントとかにそれほど興味のない私にとってはあまり惹かれるものはないんじゃないかなと思っていた。

しかしミイダスの社員の方から話を聞いて、その予想が見事に打ち砕かれた!

「ミイダスってなんて素晴らしい転職支援サービスなんだ!」と。

現在私は主婦兼個人事業主なので就職・転職活動をする必要性は特にないのだが、ミイダスを使って転職活動してみたいと思ってしまった。

私は以前、ミイダスに一度登録したことがあったのだが、その後すぐ転職活動する必要がなくなってしまったので、登録を解除してしまっていたが、再登録してみようかなと思う。

そういえば、前に派遣就業していた企業でも、正社員の人で、現時点で転職は特に考えていないけど、自分の市場価値を把握しておくために、転職サービスに登録していて、定期的にプロフィールをアップデートしているって言ってた人いたな…。もしかしたらその人もミイダスを利用しているのかもしれない。

ミイダスは、転職したいときに登録して利用するのももちろんいいけど、転職する気が今はなくても利用していい転職支援サービス。

なので、私も今すぐには就職・転職活動する必要性はないが、いい求人があった時に転職(個人事業主とお勤めの兼業)できるように、ミイダスに再登録してみて、「待ちスタイルで長期的な転職活動」をしてみるのも悪くないと思った。

ミイダスへの登録はこちら→ミイダス

適性検査LP




こちらの記事もおすすめ

30歳になり今までのキャリアに行き詰まりというか、これ以上この業界・職種で学ぶことが大して無いなと思っていた。 キャリアチェンジなども考え...
ハローワークで失業認定を受けて失業保険を受け取るには、所定の期間に所定の回数の求職活動実績が必要だが、「明日、失業認定日なのに求職活動実績...
TOEIC公開テストを割引で安く申し込む方法について、「自分の所属団体を利用する方法」、「派遣会社の福利厚生を利用する方法」、「リピ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする