ブラック企業の正社員辛くて辞めたいなら好待遇の派遣で働かないか?

30代になってこれからのキャリアに悩んだときに、派遣会社リクルートスタッフィングのキャリアプランの考え方セミナーに参加したことがあるのだが、そのセミナーの参加者のなかの一人が言っていた言葉がすごく印象に残っている。

その方は、元々正社員として働いていたらしいのだが、その勤めていた会社がとてもブラックで週に3日は会社に泊まっていたそうで、そのブラック企業を辞めて今はリクルートスタッフィングの派遣社員として働いていて「いま派遣で働いていてすごく幸せです!」と言っていたのだ。

私自身にも、月に100時間くらい残業している知人がいたことがあり、「そんなに企業に尽くさなくてもいいのに」と思っていた。

今回は、ブラック企業の正社員で働くのが辛くて辞めたい人のうち、どんな状況なら、またどんな人ならブラック企業の正社員より派遣社員として働いた方がいいかを考えてみる。

正社員を辞めてもいい状況

正社員として働くのがとにかく辛くて辞めたいという状況

「正社員だから」って変な責任を取らされたり、意味の分からないことをやらされたり、理不尽なことで怒られたりしてとにかく会社が辛くて辞めたいという状況なら、身体を壊すくらいなら逃げた方がいい。

入社して数日や数か月で会社を辞めたくらいで、その後の人生真っ暗なんてことは決してない。

ブラック企業で学ぶことが何もない状況

ブラック企業にも、それなりに良い会社と悪い会社があると思う。

仕事は大変だけど自分が身につけたいスキルを必死になって短期間で学べて成長できるような環境であれば、一定の期間がむしゃらに働くのも悪くはない。もちろん身体を壊すまで働くのは良くないが。

IT系のスタートアップの会社などはたいていがブラックな環境らしいが、会社の立ち上げに携われるので、将来起業したいと思っている人にはいい経験になる。

反対に、仕事量が半端ないのに仕事内容はただの単純作業だったり、全然整理されていない大量のデータの集計をやれみたいな無理ゲーの仕事だったりする場合は、自分にとってほとんどメリットがない

派遣の方が向いている人

会社の人間関係が面倒臭い人

会社の人間関係が面倒臭く、「仕事だけちゃんとやっていればいいじゃん!」という人は、そもそも会社員という働き方が向いていない可能性がある。

そういう人は、上司に気に入られるか気に入られないかで昇進が決まったりする会社員よりも、スキルと経験で正当に評価される派遣で働いたほうが生き生きと働けるかもしれない。

お金より自分の時間が大切な人

お金をたくさん稼いでたくさん使うみたいなことに興味がない場合は、長時間労働で自分の時間が削られるより、プライベートの時間がたくさんあったほうが自分の幸福度が高くなる可能性があるので、勤務時間や残業の多い少ないが選べる派遣が向いている。

飽きっぽい人

ずっと似たような仕事をすることに耐えられない人は正社員よりも、いろいろな企業を渡り歩いて働いていける派遣のほうがどちらかというと向いている。

派遣でなくても、転職を繰り返すような生活が向いている。

ある特定のスキルを持っていて活かしたい人

プログラミングスキルや、英語+PCスキルなど特定のスキルを持っている人は、その能力を活かせる職場が見つかりやすい派遣という雇用形態で働いた方が生き生きと働ける可能性がある。

早く成長したい人

早くいろいろなスキルを身につけて経験を積んで早く成長したい人は、丁寧に仕事を教わる環境の正社員よりも、未経験の仕事や職種に挑戦しやすい派遣の働き方のほうが合っている可能性がある。

派遣の方が正社員より好待遇の場合もある

英語力+PCスキルで派遣の方が好待遇

例えば英語力を活かせる事務職というのは、正社員の求人は少ないが、派遣社員としての求人は多く、時給も高い

英語力はあるけど、正社員の事務職で英語力を活かせない一般事務などの仕事をしていて、「仕事が簡単でつまらないな」と思っている場合、派遣社員として働いたら得意の英語力を生かして生き生きと働ける場合も多い。

下記は派遣で生き生きと働いている人の例。

この方のバックグラウンドはわからないが、正社員の仕事がつまらなくて、英語スキルを活かせる仕事を探した結果、派遣で働くことにしたのではないだろうかと推測する。

語学留学の経験を活かせる今の仕事に大満足!
現在、公益法人の国際部にて国際会議で使用するレジュメの作成、社外からのお問い合わせ対応、外国人のお客様の通訳を含むアテンドを担当しています。
以前、語学留学の経験がありTOEIC850を取得したので、英会話スキル、英語読解スキルを両方活かせる今のお仕事に満足しています。
外国人のお客様に対しては、近くのおいしいランチから穴場観光スポットまで幅広くご案内することも。このお仕事を始めて、東京にとても詳しくなりました(笑)。1日のうち大半は英会話でお仕事をする日もあり、毎日がとても刺激的ですね。

引用:リクルートスタッフィングHP 現役スタッフへのインタビュー

TOEIC800以上で事務経験があれば、東京23区内であれば時給1800円以上の仕事も多くあるので、正社員の時よりも年収が高くなる可能性すらある。

スキルさえあれば正社員より派遣の方が好待遇で働ける可能性は十分にある。

ITエンジニアは好待遇を求めて敢えて派遣社員になる人もいる

日経ビジネス電子版で「年収1000万円の「リッチ派遣」が登場」という記事が以前掲載されていた。

現在その記事は削除されてしまっているのだが、その記事では、ある派遣社員のエンジニアが「高収入が得られるから敢えて派遣社員を続けていて、派遣社員でいることに不安はない」と語っていた。

ブラック企業の正社員辛くて辞めたいなら好待遇の派遣で働かないか?のまとめ

ブラック企業の正社員で働いていたり、会社にそんなに不満はないけど仕事内容が面白くないとかで嫌な日々を送っている場合、環境を変えたら案外あっさりと仕事が楽しくなるということもありうる

私自身も、新卒一括採用という制度になじめず、どんな仕事するのかわからないのに就職できないと思って就職しなかったが、派遣で働き始めたら、職場にもすぐに馴染んで生き生きと働くことができたので、正社員一括採用という制度と、自分の方向性が合わなかっただけなんだなぁと思った。

派遣という働き方に少しでも興味がある人は、派遣会社に登録してみて、これからの働き方について相談だけでもしてみることをおすすめする。

派遣登録の時にも相談できるし、より深く今後の自分のキャリアについて相談したい場合は、キャリアカウンセラーの資格を持った人のキャリアカウンセリングを受けることもできる。

私が派遣会社の中で一番おすすめしているのはリクルートスタッフィングだが、他の派遣会社でも大手派遣会社ならほとんどの派遣会社で専門のキャリアカウンセラーがキャリアカウンセリングを実施している。

派遣会社が実施するキャリアカウンセリングでは、派遣という雇用形態に限らず、正社員・契約社員・派遣社員・フリーランスなど、いろいろな働き方についてのキャリアの相談ができるので、気になる派遣会社があったら登録してみてキャリアカウンセリングを受けてみるのはいかがだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする