未経験から英文事務!なるには?英文事務経験6年の実務経験者が解説

私はリーマンショックの翌年に大学を卒業し、既卒職歴なしの状態から英文事務の仕事に就き、その後特許関係の英文事務(特許事務)や翻訳業務も含む英文事務などの仕事をしてきた。

未経験、しかも既卒職歴なしというあり得ない状況から英文事務職に就いた経験を踏まえ、未経験から英文事務の仕事に就く方法をまとめてみることにする。

新卒で正社員で英文事務員になるには

正直、新卒で正社員で絶対に英文事務の仕事に就ける方法は私にはわからないので他のサイトをあたってほしい。

とりあえずグローバルに展開している日本企業の一般職で就職するか、外資系企業の一般職で就職するしかないだろう。

ただ、日本企業に就職しても、就職した後にどんな仕事をするかは入ってみないとわからないし、外資系企業の一般職はほとんどが派遣社員で担われているので、外資系企業の一般職で就職するのは至難の業だろう。

また、外資系企業に就職したからといって、絶対に英語を使って仕事ができるとは限らず、システムが英語表記なだけとか、外国人の社員とのコミュニケーションで少しだけ英語を使う程度の可能性もある。

しかし職歴が1年以上あれば、それが全く英語を使わない仕事だったとしても、その後英文事務職に転職できる可能性もあるし、英語を使う部署へ異動できる可能性もあるので、普通に日本企業の一般職や外資系企業に就職することも悪くない

転職して未経験から正社員で英文事務員になるには

転職して英文事務未経験から正社員で英文事務職に就こうとする場合は、転職サイトや転職エージェント・人材紹介会社を使って探してみることをおすすめする。

転職エージェントを利用する

本格的に転職活動をするなら転職エージェントに登録して、担当者と面談したり応募書類などの添削指導を受けたりして転職活動のサポートをしてもらうことをおすすめする。

JACリクルートメントなんかは外資系の転職に強いエージェントとして有名だが、管理職などのハイクラスの人向けの求人が多いので、職歴の浅い人は20代、30代の若手の転職に強いマイナビエージェントを利用したり、全体的な求人数が豊富なリクルートエージェントDODAなどの有名どころを利用してみるのがいいのではないかと思う。

転職サイトを利用する

まだ本格的に転職活動するかはわからないけどどんな求人があるのか見てみたいという場合は、転職サイトに登録して求人を探してみるといいと思う。

とりあえず有名どころの転職サイトのリクナビネクストエン転職マイナビ転職などを試しに利用してみるといいのではないだろうか。

なお、リクナビネクストに会員登録するときにエージェントサービスを利用するにチェックを入れると、転職エージェントのリクルートエージェントにも同時に登録できる。チェックを入れなければリクナビネクストだけ利用でき、後から別でリクルートエージェントに登録することも可能。

未経験から英文事務職に就ける正社員求人は多くはないが、転職サイトに登録したり転職エージェントに登録すると非公開求人も見られるようになったり紹介してくれたりするので、転職を考えている人は登録してみるといいと思う。

未経験から英文事務員になるには派遣が確実!

基本的に英文事務の求人というのは派遣求人が多い。

その理由は、日本企業の場合、企業内に英語でメールのやり取りや簡単な翻訳ができる人がいないかもしくは自社内で育てられないので、英文事務経験者を派遣で雇うという場合が多いからだ。

外資系企業の場合は、正社員はほとんどが総合職的なポジションのみで、サポート業務を行うような事務職はほとんどが派遣社員によって担われている。

派遣求人の英文事務職でさえ、未経験可という求人は少なく、ほとんどが経験者募集となっている。

しかし、正社員の求人に比べれば、派遣の英文事務求人は未経験可のものが多い

そのような数少ない未経験可の求人になんとかありつかなければならない。

1度でも英文事務職に就いて1年以上の職歴をつくれば、その後はいろいろな英文事務の仕事や、翻訳業務などにも挑戦できるようになる。

英文事務員になるための条件

英文事務職に就くためにこれだけはあったほうがいいという職歴とスキルの条件は以下の2パターン。

  • 事務職での職歴1年以上と英語スキル
    (TOEICは最低でも500点。800点以上あれば仕事選びの選択肢がかなり広がる)
  • 英語を使った職歴(接客業など)1年以上と最低限のパソコンスキル

私みたいな職歴なしからすぐに派遣で英文事務職に就ける場合もあるが、かなりレアなケース。

私は当時TOEICスコアが875点あって、簿記2級を持っていて、英語を使った接客業を学生時代から卒業後にかけてやっていたっていうのがあってたまたま運良く派遣で英文事務職が見つかったという感じなので、とにかく職歴だけはあったほうがいい。

職歴がない場合はとりあえず英文事務じゃなくても、一般事務などでもいいので職歴を1年以上つくることをおすすめする。

そのうえでTOEICでそれなりの点数を取得していれば、英文事務職への転職が可能になってくる。

派遣の英文事務の求人を探す方法

派遣の英文事務の求人を探す方法は3つある。

派遣求人サイトで探す

1つ目は、派遣求人サイトで探す方法。

派遣求人サイトで英文事務の求人を探して、サイト経由で応募するか、問い合わせ先に直接連絡して、派遣会社に登録に行く流れになる

私はリクナビ派遣や、はたらこねっとエン派遣Indeedなどを使ってよく応募していた。

リクナビ派遣

リクナビ派遣では、まず都道府県を選んで「職種」や「こだわり」のところから「英文事務」「未経験歓迎」などの条件が設定できるので、条件を絞って求人を検索する。

複数の都道府県を選択したり、複数の職種を選択することも可能。

ちなみに、リクナビ派遣で「東京都」「英文事務」「未経験歓迎」で条件を絞った検索結果がこちら↓

リクナビ派遣で「東京都×英文事務×未経験歓迎」の仕事

はたらこねっと

はたらこねっとでは、「こだわり検索」でリクナビ派遣と同様の、条件を絞った検索ができる。

ちなみに、はたらこねっとで「東京都×英文事務×未経験OK」で検索した結果はこちら↓

はたらこねっとで「東京都×英文事務×未経験OK」の仕事

エン派遣

エン派遣では、「希望条件にぴったりのお仕事をさがす」のところで、リクナビ派遣、はたらこねっとと同様の条件設定ができる。

ちなみに、エン派遣で「東京都×英文事務×職種未経験OK」で検索した結果はこちら↓

エン派遣で「東京都×英文事務×職種未経験OK」の仕事

検索のポイント

求人を検索するとき、英文事務だけに絞るのもいいけど、貿易事務や営業事務、特許事務、経理、秘書・セクレタリーなどの職種でも英語を使う事務職の仕事はたくさんある。

なので、職種のところでオフィスワークで興味のある職種をいくつか選択して、そのうえで「英語力を活かす」の条件で絞るという検索方法もおすすめ

ちなみにリクナビ派遣で東京都のオフィスワークのすべての職種で英語力を活かせる未経験歓迎の仕事を検索してみた結果はこちら↓

リクナビ派遣の「東京都×オフィスワーク×英語力を活かせる×未経験歓迎」の仕事

英語力に自信があれば、翻訳や通訳を選択してもいい。

リクナビ派遣の「東京都×翻訳・通訳×英語力を活かせる×未経験歓迎」の仕事

串刺し検索サイトのIndeedで探す

Indeedは、いろいろな求人サイトの求人を串刺し検索できる求人サイト。

正社員、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣、パート、アルバイトなど、雇用形態にこだわらずに英文事務の求人を探す人におすすめ。

キーワードに「英文事務」と入力して、勤務地に自分の住んでいる市区町村名や最寄り駅を入れると、周辺の求人情報が表示される。

気になる求人があったら、リンクから元々の掲載元にとんで、仕事内容の詳細を確認したり応募したりすることが可能。

ちなみに、Indeedで「英文事務×東京都」で検索してみた結果がこちら↓

Indeedで「英文事務×東京都」の仕事

派遣会社に登録する

派遣の英文事務の求人を探す3つ目の方法は、派遣会社に登録するという方法。

派遣会社に登録しておいて、その派遣会社が持っている仕事案件の中で応募したいものを見つけたらエントリーしたり、派遣会社側から提案してもらったりして仕事を紹介してもらう。

基本的に、事務職に強い大手派遣会社なら英語を使う仕事も方法に取り扱っているので、安心できる大手派遣会社に登録しておけばいいと思う。

私がおすすめしている派遣会社は、リクルートスタッフィングテンプスタッフアデコの3社。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは私が一番おすすめしている派遣会社。私自身もメインで利用している。

全体の求人数が多いので英文事務や英語を使う事務の仕事の求人数も必然的に多い。

全体的に時給が高めだし、営業担当者もレベルが高くて親切だし、福利厚生も良くて、健康保険料も他の派遣会社に比べて月々2000円くらい安くなってメリットだらけ。

ただ、リクルートスタッフィングのデメリットを挙げるとすると、登録しているスタッフも総じてレベルが高いので、良い条件の仕事にはなかなかありつけないこともある。

けれども未経験者歓迎の仕事ももちろんたくさんあるので、未経験なのに高い時給を希望したりせず、「初めは時給は低めでも経験になるならやります!」という姿勢でいれば、未経験からでも英文事務の仕事を見つけることは可能

一度でも英文事務の仕事を経験すれば、その後は経験者として高時給の仕事に就きやすくなる。

英語とパソコンのスキルに自信があって英文事務や英語を使った事務職で経験を積んでいきたい!という人にはリクルートスタッフィングがおすすめ。

公式サイトはこちら→リクルートスタッフィング

関連記事

事務系に強い大手派遣会社といえば、テンプスタッフ、リクルートスタッフィング、スタッフサービス、アデコ、パソナの5社が有名だが、初め...

テンプスタッフ

テンプスタッフ
テンプスタッフは、派遣で働くのが初めての人におすすめな派遣会社。

リクルートスタッフィングは、仕事紹介担当のコーディネーターさんはテキパキした感じの人が多くて合理的でスピーディに仕事が決まるのに比べて、テンプスタッフのコーディネーターさんはこちら側の話をじっくり聞いて派遣スタッフに合った仕事を考えてくれる印象がある。

派遣で働くのが初めてで、スキルにそれほど自信がない人にはテンプスタッフの方が合っているかもしれない。

テンプスタッフは経験の仕事に挑戦しやすく、クイックWEB登録なら比較的簡単なプロフィール項目の入力だけで登録が完了するなお、実際に仕事をする際には登録会場への来社が必要になる)。

公式サイトはこちら→テンプスタッフ

アデコ

アデコは、外資系企業の求人に強い派遣会社。

外資系企業の求人の割合が多いので、外資系企業で働きたい人にはアデコがおすすめ(とはいってもリクルートスタッフィングやテンプスタッフでも外資系企業の求人はないわけではない)。

アデコ自体が外資系の派遣会社ということで多くの外資系企業とのコネクションがあり、他の派遣会社で取り扱っていないアデコだけの求人もたまにある。

複数の派遣会社に登録しておくつもりなら、アデコも登録しておいて損はない。

公式サイトはこちら→アデコ

派遣会社への登録の流れ

上記3社の派遣会社へのWeb・オンライン登録の流れについては下記の記事で説明している。

最近、派遣会社に来社しなくても、ネットからの情報入力だけで派遣会社への本登録を完了させることができる派遣会社が増えてきた。 ...

なお、リクルートスタッフィングテンプスタッフはWeb登録だけでなく、来社登録も選べる。

私は派遣会社の中ではリクルートスタッフィングを一番おすすめしており、私自身もメインの派遣会社として利用している。 私がリクルー...

派遣で働くか迷っている場合は相談するだけでもOK

派遣で働くかどうか迷っていて一人では決められないということもあると思う。

そんな時は派遣会社へ来社登録に行ってまず相談だけしてみるのがおすすめ。

派遣会社への来社時には、一応自分が今までどんな仕事をしてきてどんなスキルがあるのかを派遣会社の面談担当者の人に把握してもらわないと相談がスムーズに進まないので、職歴を入力したりスキルチェックを受けたりして、派遣会社に登録するという形にはなるが、派遣で働いたほうがいいのか派遣じゃないほうがいいのか相談だけして、結局その派遣会社で働かなくても全然問題ない。

参考記事

「派遣の仕事に興味があるけど、まだ派遣で働くかわからない。登録だけするのはアリなのかな?」と思っている人もいると思う。答えは「登録だ...

未経験から英文事務の仕事に就く方法のまとめ

未経験から英文事務の職に就くのは簡単ではないけれど、雇用形態にこだわらなければ、必ず英文事務の仕事は見つかる。

とりあえず職歴1年と最低ラインの英語力(TOEIC 500点以上)あればなんとかなるので、英文事務の仕事に興味がある人は、この記事で紹介した方法で英文事務の仕事を探してみよう。

こちらの記事もおすすめ

今まで派遣で英文事務や翻訳を含む事務などのオフィスワークを6年ほど経験してきた私が、英語を使う事務職でおすすめの職種と、個人的に今後...
私は「英語を使った仕事がしたい!」ということで、派遣で6年以上、大手企業や外資系企業、中小企業、零細企業で英語を使う事務・オフィスワ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする