当ブログではアフィリエイト広告を利用して商品やサービスを紹介しています。

派遣求人の多い4月始まりの仕事を探す際の注意点

4月は年度の切り替わりの月で求人も多いため、4月始まりの派遣の仕事を探す人が多い傾向にあります。

でも、4月始まりの派遣求人狙いで転職活動するときには注意点もあるので、4月始まりの派遣の仕事を探す際の注意点と把握しておいた方がいいことを書いていきます。

4月始まりの派遣求人の募集が始まるのは2月末頃から

派遣の求人というのはだいたい、働き始める1か月前から2週間前までの間に求人情報が出ることが多いです。

毎年2月下旬ごろにポツポツ4月始まりの求人が出てくる感じで、その後どんどん増えていきます。

派遣会社に登録する時期

派遣で働くことを考えているけどまだ派遣会社に登録していない方は、2月下旬からできれば3月上旬までに派遣会社への本登録を済ませておくことが望ましいです。

複数の派遣会社に登録するのがおすすめ

派遣会社に登録する場合は、1社だけに登録するよりも、3社くらいに登録しておいた方が、いろいろな仕事案件から仕事を選べるので、2月下旬からできれば3月上旬までのあいだに登録している派遣会社の数を増やしておくのがおすすめですです。

4月始まりの求人がちょうどたくさん出てくる2月末から3月上旬に、派遣会社に登録すれば、登録直後に仕事紹介してもらえる場合もあります。

サクッと解説!大手派遣会社6社一覧 事務職求人多し! 【在宅派遣】在宅ワークにおすすめの派遣会社8選!完全在宅も 派遣登録は複数登録がおすすめな理由

派遣求人サイトから応募する場合の注意点

リクナビ派遣はたらこねっとエン派遣などの派遣求人サイトから仕事に応募して、そのあと派遣会社に登録しに行くというパターンもあります

ただ、このやり方だと、大手の派遣会社の場合、本登録を完了した時点で、応募した仕事は他の既に登録済みのスタッフで仕事紹介の話が進んでいる場合が多いです

派遣求人サイトから仕事に応募して、そのあと派遣会社に登録しに行くパターンで職に就けるのは主に、中小企業の派遣会社の仕事案件になります。

ですので、大手の派遣会社で気になっている派遣会社がある場合は、前もって登録しておくことをおすすめします

リクナビ派遣から応募するのと派遣会社に直接登録してからエントリーするのどっちがいい?

4月始まりの派遣求人で仕事を探す場合の注意点

4月始まりの派遣の仕事を探す上での注意点を3点挙げてみます。

求職者も多いので人気求人は争奪戦

派遣契約期間はだいたい3か月であることが多いので、4月始まり、7月始まり、10月始まり、1月始まりなど、派遣契約が切り替わる時期は派遣求人はもちろん多いですが、求人に応募する派遣社員も多くなります

特に4月のタイミングで転職する人が多く、人気の求人は争奪戦となるので、条件の良い仕事に就きたい場合は、早めに転職活動を始めたり、複数の派遣会社の仕事案件を同時進行させる必要があります

複数の派遣会社でエントリー・社内選考・職場見学を同時進行させることは可能なのか? 違う派遣会社で同じ案件の求人が出ていた時の派遣会社の決め方

未経験の仕事に挑戦しづらい

多くの優秀でスキルの高い派遣社員がこの時期に転職活動をするため、4月始まりの仕事狙いの場合は、未経験の仕事には挑戦しづらいと考えた方がいいです。

希望条件を低めに設定することが望ましい

自分のスキルと経験に自信があって、他の求職者たちより上であるという自信がある方は別ですが、4月始まりの仕事に就きたい場合は、なるべく希望条件を低めに設定しておくといいです

3月中からの就業開始もおすすめ

現在失業中の方や無職の方は、4月始まりの仕事を探すより、3月から就業を開始してしまうのもおすすめです。

その理由は、3月末で契約終了になる派遣社員からの業務の引き継ぎの関係で、3月中から働ける人を募集している企業も多いためです。

4月1日始まりの仕事が決まらなくても焦らない

4月から新しい仕事をしようと考えている場合、4月1日に始まる仕事を見つけようとする方が多いと思います。

でも、もし4月1日までに仕事が決まらなくてもそれほど焦らなくて大丈夫です。

4月1日を過ぎても5月上旬くらいまではまだ結構条件の良い派遣求人が出ていたりします。

これは、4月1日就業開始で募集していたけど人が集まらなかった場合や、3月下旬や新しい年度になって急に人手が足りないことに気づいて派遣で人を募集する場合などがあるからです。

また、4月1日に人が入ったけれど、職場や仕事内容が合わなくてすぐにやめてしまった場合も、また求人募集がかかります。

4月1日を過ぎると一気に仕事を探している派遣社員が減りますし、企業側が早く人を入れようと焦っている場合が多いので、この、少し時期をずらした転職活動も意外とおすすめです。

ズルズルと仕事が決まらない期間が長くなってしまったら

転職活動がなかなかうまくいかなくて、仕事が決まらない期間や、無職の期間が長くなってしまうこともあります。

それで焦って仕事を探そうとしても、全然やりたいと思える仕事がなかったりします

なので、仕事がなかなか決まらなくても慌てず焦らず、以下のことをして過ごしましょう。

スキルアップしておく PC・MOS・英語など

求人が少ない時期は、求人検索してもそもそも目ぼしい求人がなくて、無職であれば時間を持て余してしまうこともあります。

そんな時は、登録した派遣会社の福利厚生をガンガン利用してお得にスキルアップするのがおすすめです

WordやExcelなどのOffice系ソフトの勉強が無料でできるeラーニングシステムを派遣登録者に提供している派遣会社があったり、パソコンや英語のセミナーや講座を実施している派遣会社もあるので、各派遣会社のスキルアップ支援制度のページをチェックしてみましょう。

派遣会社に登録してExcelやWordの勉強を無料でしよう! 3,500円もアリ!TOEIC IPオンラインを個人で(?)申し込む方法

良い仕事があったらすぐ応募してすぐ働けるよう準備しておく

派遣求人自体が少ない時期は、派遣会社の新着求人情報のメール受信をONにしておくなどして、良い仕事があったらすぐにエントリーして、派遣先との顔合わせにもすぐに行けるようにスタンバイしておきましょう。

無職で、即日や2週間以内に働き始められる状態でスタンバイしていると、急募の求人が出たときに応募するとすぐ採用されることが多いです。

無期雇用派遣に応募してみる

登録系派遣の求人でなかなか仕事が見つからない場合、20代くらいの若い方であれば、ミラエールマイナビキャリレーションなどの無期雇用派遣に応募してみる手もあります。

おすすめの無期雇用派遣サービスは下記の記事で紹介しています。

事務系無期雇用派遣一覧(7つ)事務未経験者や新卒既卒におすすめ!

転職支援サービスに登録してみる

派遣の仕事だけでなく、契約社員や正社員など、雇用形態にこだわりなく仕事を探している場合、転職支援サービスや転職エージェントに登録するのもおすすめです。

ミイダスという転職支援サービスに登録すると、自分のスキルや経歴に興味を持ってくれた企業からスカウトメールが届くので、先行から就職までがスムーズに進む可能性があります。

MIIDAS

求人が少ない時期は未経験の仕事に挑戦できるチャンスの時期でもある

求人が少ない時期は転職活動をしている人も少ないです。

転職活動をしている人が少ない時に、企業側がすぐに働いてくれる人を探している場合は、スキルや経験が少し足りなくても採用されることが多くなります。

ですので、実はこういう時期に転職活動するのが未経験の業界や職種の仕事に挑戦するにはおすすめです!

派遣求人の多い4月始まりの仕事を探す際の注意点のまとめ

4月1日始まりの派遣の求人は多いのは間違いないのですが、転職活動をしている人も多いので、派遣の転職活動に最適の時期かと聞かれたらそうだとは言い切れません。

なので、現在失業中や無職の方で、3月中から働ける場合は、3月から派遣就業を開始してしまうのもおすすめです。

もし、4月始まりの派遣求人を逃してしまっても、仕事探しにはタイミングや縁もあるので、その時期その時期で適切な行動をして、できるだけ自分がやりたい仕事や条件の良い仕事に就けるように準備をしておきましょう

適性検査LP



●◯. こちらの記事もおすすめ .◯●

転職支援サービス「ミイダス」とは?特徴・メリット・デメリット コロナ明け直後で来社登録できる派遣会社リスト 派遣の仕事探しにおすすめの時期・タイミング – 求人数の多い時期がいいとは限らない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)